スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -|- pookmark
荒野へ/ジョン・クラカワー
ジョン・クラカワー
集英社
¥ 1,260
(2007-03)
JUGEMテーマ:読書


★★★★(4/5)

−紹介文−

厳寒のアラスカに消えたひとつの命。
アメリカの地方新聞が報じたある青年の死は、やがて全米に波紋を呼んだ。恵まれた境遇で育った彼は、なぜアラスカの荒野でひとり死んでいったのか。


〜感想〜

映画の  【イントゥ・ザ・ワイルド】  を先に観たのだけど、クリス本人がどういう人物だったのか? もっと詳しく知りたくなってしまいました。

著者のジョン・クラカワーは、生前のクリスが旅で知り合った人たちの話や、クリスが彼らに出した手紙、クリスが残していた日記を紹介しながら、彼が辿った旅の軌跡を追っていきます。

そうやって紹介されている手紙や、クリスとかかわりあった人たちの話を読むと、彼自身にはどこか人を惹きつけるものがあったことが伝わってきます。
恵まれた環境に育ちながら、所持金を焼き払いほとんど身ひとつで旅に出たクリス。
行き倒れ状態になったり、嫌な思いもしたこともあったようなのだけど、彼の一番の目的 ― アラスカの荒野へ行き、自分の力だけで生きていく という決心を翻すことはありませんでした。

若い頃って誰でも、理想主義で、潔癖なところが多少なりともあると思うのだけど、クリスはそういった気持ちが人一倍強かったように思えます。 頭がよかっただけに、疑問に思ったことや、理不尽だと思えることに答えを求めずにはいられず、決して妥協をしない。

でも、そういう気性は、生きていくには辛いのではないでしょうか…… ポロリ

ただ、クリスは自分の殻に閉じこもりがちになるところはあるにしろ、人と積極的に関わり社交的に振舞うこともできたようです。旅の途中で出会った人々のほとんどは彼のことが好きだったようですし。クリスが無事に荒野から生きて戻る事ができていたら……どれほど魅力的な人物になっていたことか。

映画を観ていたときも感じたのだけど、クリスの失われた未来や、可能性のことを思うと残念でなりませんでした。

本作を読んだ事で、よりいっそうクリス・マッカンドレスの人物像が身近に思えたけれど、痛ましく感じる気持ちも強くなりました。
……若さというのは素晴らしいものですが、悲しいことでもあるのだな、と、そんなふうに思いましたポロリ
| その他 | 19:02 | comments(2) | trackbacks(1)|- pookmark
職場の嫌いな人の取り扱い方法/小林 惠智
★★★★(4/5)

紹介文

あのベストセラーが待望の文庫化!本書はリーマン社会にはびこる「嫌いな」上司、先輩、部下、同僚と、ストレスなく付き合うための「危険人物取り扱い説明書」である。(帯より)

〜感想〜

ど〜しても好きになれない上司がいて、つい、こんな本を買ってしまいました撃沈

「そもそも私たちは俗物なのです。 嫌いな人がいるのはごく自然なこと」 (本文より)

という最初の序文から、ふんふん、と思わず引き込まれてしまい、一気に最後まで読みました。結構的を射た説明でわかりやすい文なので読みやすいし、読後は気が楽になりますわーい

最初のほうでまずは、自分のタイプを簡単な診断テストでわりだします。 そして、自分のタイプにあった嫌な上司との接し方が丁寧に説明されてます。

タイプは大きく4つ。(本文より抜粋)

Aタイプ − 誰とでも気軽につきあえるが、時に「自己中心的」

 危険物に例えると……自由落下型爆弾

Bタイプ − 協調性はあるが、何に対しても「ことなかれ主義」

 危険物に例えると……地雷爆弾

Cタイプ − 強烈なリーダーシップを持つが、強引すぎる

 危険物に例えると……ナパーム爆弾

Dタイプ − 責任感が強い反面、融通の利かない頑固な一面も

 危険物に例えると……誘導爆弾  


ちょっと耳に痛いところもあるんだけど、本書にはさらに詳しい説明が書かれていて自分の長所、短所がわかります。身近に潜む危険人物のケースは33ケース。例えば

自分の考えを押し付ける人

好き嫌いで部下の能力を判断する人

その日の機嫌で態度が豹変する人

「自分が一番」と思ってる鼻持ちならない人

自分の失敗を絶対に認めず、さらに人に罪をなすりつける人  等々

読んでいくと、かならず何人かは自分の周囲にいる人に当てはまるケースがあるんじゃないかしらね〜。「取り扱い方法」を読んでいくと、こんなやり方もあるんだ〜、って、今までとは違った視点で考えることができたりして、気分転換というか、ちょっと新鮮な気持ちになれましたウィンク
| その他 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark


↑このページの先頭へ
RECOMMEND
氷の戦士と美しき狼 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 冷たい瞳が燃えるとき (扶桑社ロマンス)(文庫) (扶桑社ロマンス シ 27-2 〈サイ=チェンジング〉シリーズ)(ナリーニ・シン) / 黒き狩人と夜空の瞳 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 青の瞳をもつ天使 (イソラ文庫)(ナリーニ シン,Nalini Singh) / びんぼう神様さま(高草 洋子) / シルバータン―ストーンハート〈3〉 (THE STONE HEART TRILOGY 3)(チャーリー フレッチャー) / アイアンハンド―ストーンハート〈2〉 (THE STONE HEART TRILOGY 2)(チャーリー フレッチャー) / ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)(チャーリー・フレッチャー) / トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈12〉 不滅の子(ステファニー メイヤー) / トワイライト11 夜明けの守護神 (トワイライト 11)(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈10〉 ヴァンパイアの花嫁(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈9〉 黄昏は魔物の時間(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしに(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈7〉 赤い刻印(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈6〉 嘆きの堕天使(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈5〉 狼の月(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈4〉 牙は甘くささやく(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈2〉 血は哀しみの味(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈1〉 愛した人はヴァンパイア(ステファニー メイヤー) / () / スリーピング・ドール(ジェフリー ディーヴァー) / キャサリン・ダンスシリーズ ウォッチメイカー(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第七弾♪ 12番目のカード(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第六弾♪ 魔術師 (イリュージョニスト)(ジェフリー・ディーヴァー, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第五弾♪ 石の猿(ジェフリー・ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第四弾♪ エンプティー・チェア(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第三弾♪ コフィン・ダンサー(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第二弾♪ ボーン・コレクター(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第一弾♪ みぃつけた(畠中 恵) / いっちばん(畠中 恵) / ちんぷんかん(畠中 恵) / うそうそ(畠中 恵) / おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)(畠中 恵) / ねこのばば(畠中 恵) / ぬしさまへ(畠中 恵) / しゃばけ (新潮文庫)(畠中 恵) / 風神秘抄(荻原 規子) / 薄紅天女(荻原 規子) / 白鳥異伝(荻原 規子) / 空色勾玉(荻原 規子) / () / シャドウ・ファイル/狩る (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル/潜む (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル 覗く (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / ファントム〈上〉(スーザン ケイ, Susan kay, 北条 元子) / ファントム〈下〉 (扶桑社ミステリー)(スーザン ケイ) / 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き](浅岡 省一) /