スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -|- pookmark
塩の街/有川 浩
有川 浩
メディアワークス
¥ 1,680
(2007-06)
Amazonランキング: 23673位

JUGEMテーマ:読書

★★★★(4/5)

あらすじ

が世界を埋め尽くす塩害の時代。
塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。
その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。
世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。
だが―「世界とか、救ってみたくない?」。
ある日、そそのかすように囁く者が運命を連れてやってくる。(紹介文より)

〜感想〜

ある日突然、空から複数の正体不明の結晶が落ちてきます。
その場面を見た人間はすべて”塩の固まり”と化してしまい、生き残った人々も個人差はあるものの、じわじわと塩の固まりになっていきます ”塩害” が当たり前になってしまった世界で生き残った人類は、いつ自分の番になるのか、という恐怖におびえながら暮らしているのだけど、そんな世界になってしまうと自暴自棄になる人もでてきて……。 

両親を塩害で亡くした小笠原真奈もそういった暴漢たちに襲われそうになり、あわや というところを偶然通りがかった秋庭という一見強面の青年、秋庭に助けられます。 そうして行くところのなかった真奈は秋庭の家で同居することに。
そっけない素振りや怒ったような話し方をしたりするけれど、でもそれは秋庭の照れ隠しで、優しくするときほどぶっきらぼうな態度になる、というちょっと可愛い(笑)人物だとわかります。

そんな同居生活をしながら食料を買いに外にでた真奈は道路に行きだおれている遼一という青年と出くわすのだけど、ふらふらになりながらも綺麗な海を目指そうとする遼一を放っておけず、とりあえず家に連れ帰ることに。

遼一を見た秋庭は開口一番 「捨ててこい!」 というのだけど、根は善良な秋庭は結局は遼一の面倒を見ることになります(笑)
どこか、思い詰めた様子の青年を秋庭と真奈は海へと連れていくことにするのだけど……。

海にたどり着いた青年は、ずっと手放さずにいたリュックからかつて人間の女性だった塩の塊を取り出します。その塩の塊は塩害で亡くなった遼一の恋人で、彼の目的は塩の彫像と化して亡くなった恋人を海へ流すこと。

海へたどり着いて初めてそのことを知った真奈はあまりの痛ましさに泣いてしまうのだけど、そんな真奈に 「おれたち君が思ってるほど悲しくないから」 と逆に慰めの言葉をかける遼一に、もうなにも言えなくて…… そうして遼一もまた、すでに塩害に冒されていることに気づくのだけど、秋庭にも真奈にもできることは何もなく……秋庭は遼一に別れを告げ真奈とともにその場を後にします。

悲しみに暮れる真奈だったのだけど、家に向かう途中で突然銃を持った男の襲撃を受け……。結局、男もまた塩害に冒されていて亡くなってしまうのだけど、真奈にとってこの二つの出来事は自分の過去に起きた辛い出来事を思い出させるものになってしまいます。

そんな真奈を心配する秋庭だったのだけど、数日たったある日、思いがけない人物が訪ねてきます。
その人物は、秋庭の友人で入江と名乗りさらっととんでもないことを言い出します。

「大規模テロなんてしてみたくない?」 

相手にしない秋庭だったのだけど、入江はまたもやさらっと真奈に銃を向けるというとんでもない行動に 秋庭の弱点が真奈だとあっさり見抜いた入江は、真奈を利用して秋庭に言うことをきかせようとします。 入江が本気で真奈に危害を加えかねない奴、だということを重々承知している秋庭は、とりあえず入江の話を聞くことにするのだけど……。

でも、真奈にとっては何がなにやら
秋庭と一緒に入江が案内する場所へ着いていくのだけど、着いた先は自衛隊の駐屯地。
秋庭の姿を見た隊員たちが 「秋庭二尉」 というのを聞いて、秋庭も自衛隊員だったのか、と察しをつけるのだけど、自分が秋庭のことを何も知らなかったことを思い知らされてしまい、落ち込んでしまいます そうして、秋庭と真奈は入江によって世界の命運をかけた計画に巻き込まれていくことになるのだけど……。

塩害で人類が滅びかけている世界で、繰り広げられる人間ドラマに感動しました。
メインの主役は真奈と秋庭ではあるのだけれど、二人が出会った人々にも彼らだけのドラマがあって……絶望的な状況の中でも、人が人を想う大切さや、尊さが伝わってくる素敵な作品でした。

本作は ”自衛隊三部作” と言われているシリーズの1作目にあたるようです。第10回電撃ゲーム大賞を受賞した作者有川浩さんのデビュー作でもありますが、最初は文庫本として発行されているので、考えようによっては、『空の中』 が1作目で 『海の底』 が2作目、本作が3作目ということになるのかもしれないですね

ちなみに、本作は文庫本の内容とは多少違いがあって、加筆、修正プラス番外編も収録されています 私は文庫のほうは読んでないんですが、すでに読まれている方は読み比べてみるのも面白いかも あとがきで作者の有川浩さんが修正した箇所に触れているので、そちらで確認するのもありかな?

次は 『空の中』 に続きます。
あ、”シリーズ” とはなっていますが、登場人物もストーリーもそれぞれ別物で、共通しているのは自衛隊が活躍する、というところだけです。
なので、どの作品から読んでも支障はありません



| えすえふ | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark
スポンサーサイト
| - | 21:57 | - | -|- pookmark



http://riranodokusyo.jugem.jp/trackback/1117


↑このページの先頭へ
RECOMMEND
氷の戦士と美しき狼 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 冷たい瞳が燃えるとき (扶桑社ロマンス)(文庫) (扶桑社ロマンス シ 27-2 〈サイ=チェンジング〉シリーズ)(ナリーニ・シン) / 黒き狩人と夜空の瞳 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 青の瞳をもつ天使 (イソラ文庫)(ナリーニ シン,Nalini Singh) / びんぼう神様さま(高草 洋子) / シルバータン―ストーンハート〈3〉 (THE STONE HEART TRILOGY 3)(チャーリー フレッチャー) / アイアンハンド―ストーンハート〈2〉 (THE STONE HEART TRILOGY 2)(チャーリー フレッチャー) / ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)(チャーリー・フレッチャー) / トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈12〉 不滅の子(ステファニー メイヤー) / トワイライト11 夜明けの守護神 (トワイライト 11)(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈10〉 ヴァンパイアの花嫁(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈9〉 黄昏は魔物の時間(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしに(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈7〉 赤い刻印(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈6〉 嘆きの堕天使(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈5〉 狼の月(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈4〉 牙は甘くささやく(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈2〉 血は哀しみの味(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈1〉 愛した人はヴァンパイア(ステファニー メイヤー) / () / スリーピング・ドール(ジェフリー ディーヴァー) / キャサリン・ダンスシリーズ ウォッチメイカー(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第七弾♪ 12番目のカード(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第六弾♪ 魔術師 (イリュージョニスト)(ジェフリー・ディーヴァー, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第五弾♪ 石の猿(ジェフリー・ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第四弾♪ エンプティー・チェア(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第三弾♪ コフィン・ダンサー(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第二弾♪ ボーン・コレクター(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第一弾♪ みぃつけた(畠中 恵) / いっちばん(畠中 恵) / ちんぷんかん(畠中 恵) / うそうそ(畠中 恵) / おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)(畠中 恵) / ねこのばば(畠中 恵) / ぬしさまへ(畠中 恵) / しゃばけ (新潮文庫)(畠中 恵) / 風神秘抄(荻原 規子) / 薄紅天女(荻原 規子) / 白鳥異伝(荻原 規子) / 空色勾玉(荻原 規子) / () / シャドウ・ファイル/狩る (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル/潜む (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル 覗く (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / ファントム〈上〉(スーザン ケイ, Susan kay, 北条 元子) / ファントム〈下〉 (扶桑社ミステリー)(スーザン ケイ) / 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き](浅岡 省一) /