スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -|- pookmark
孤狼<刑事・鳴沢了ぁ筺親仮譟―岼
堂場 瞬一
中央公論新社
¥ 900
(2005-10)
Amazonランキング: 164798位

JUGEMテーマ:読書

★★★☆(3.5/5)

あらすじ

一人の刑事が死に、一人が失踪した。
本庁の理事官に呼ばれた鳴沢了は、新たな相棒と共に消えた刑事の捜索を命じられる。
調べを進めるうちに明らかになる刑事達の不可解な行動。
不審を抱く了の前に謎の組織が立ちはだかる。
執拗な妨害、愛する人への脅迫―警察を辞めた冴を巻き込み事件は思わぬ展開を見せる。(紹介文より)

〜感想〜


『熱欲<刑事・鳴沢了>』 に続く4作目です。

窃盗犯の事情聴取をしていた鳴沢は、突然途中で聴取をやめるようにいわれます。
警視庁捜査一課の管理官から呼ばれたことを知らされた鳴沢は、とりあえず事情もわからないまま会いに行くのだけど、そこには初めてみる顔の刑事がもう一人いて……。 
そのあとに管理官が現れるのだけど、内密に鳴沢ともう一人の刑事の今(こん)に行方不明になった刑事を捜してほしいと依頼されます。

しかも、このことは所轄のほうにも秘密にして動いてほしい、と念を押されます。
謎めいたやり方に疑問を抱く鳴沢だったのだけど、管理官は ”もみ消し” が絡んでいると打ち明けます。 しかも一人の刑事が死んでいることも聞かされて、行方不明になった刑事はそういった一連の出来事に関わっているふしがあるらしいことを教えられます。

そうして、このことがうまくいけば鳴沢と今の要望にも応えるよう便宜する、とちょっとしたご褒美(?)もにおわされて……。
鳴沢にしてみれば、やはり一課で活躍したいという願いがあるので、そんな管理官の言葉には心ひかれるものがあるようで

いずれにしても、”刑事が事件をもみ消す” というのはあってはならないこと。正義感の強い鳴沢にしてみれば、断る理由もありません。 新しい相棒の今とともに、行方不明になった刑事の行方を調べ始めるのだけど……。

ところが、調べ始めると何故か同じ刑事が捜査から手を引くようにやんわりと忠告してきたり、また他の刑事は妙に言葉を濁したり、と怪しげな雰囲気が漂ってきます  果ては、鳴沢の恋人の身辺にまで怪しげな人物が姿を見せるようになり、面と向かって鳴沢に脅しをかけてくる事態に。
いったい、裏で何が起きているのか?
行方不明になった刑事は何を知っているのか?

鳴沢は手を引くどころか、逆にとことんまで事件を追っていきます。
なんとも頼もしい限りですが、恋人のことが心配なことも確か。

今回は、以前に鳴沢のパートナーだった小野寺冴が思いがけず登場しています。 刑事を辞めて探偵になっていた小野寺に、恋人の警護を頼むことに。

……以前、一時とはいえ男女の仲になった鳴沢と冴。 
微妙〜な空気が流れる場面もあったりするんですが、やはりパートナーだっただけあって、気心のしれたやりとりを読むのは面白かったです

驚いたことに新しいパートナーの今と冴が顔見知りで、二人はどうやら犬猿の仲っぽくて、かみつきあう姿がこれまたおかしかったです
今(こん)はそのうち刑事を辞めて家業を継ぐと公言している人物で、署内では浮いている存在。 鳴沢も理由は違っていてもやはり浮いた存在で、そんな理由もあって今回、管理官から白羽の矢がたったわけなのだけど、今(こん)は鳴沢に対しても丁寧に話す穏やかな人物という印象だったのに、冴に対しては「お前な〜っ」 なんて声を荒げてました ……よっぽど嫌な思い出でもあるんでしょうか(笑) 二人の言い合いを見て驚く鳴沢。
そんな3人の様子がちょっと微笑ましかったです

そんなふうに鳴沢、今、冴の3人で手がかりを追っていくうちに少しずつ事件の真相がわかってきます。 どうやら、「十日会」 「シキ会」 という警察内部の二つの対立組織が裏で動いていることを突き止めます。 
さらには思いがけず冴が警察を辞め、鳴沢が新潟県警を辞めるきっかけになった事件にも繋がりがあることがわかり……。

最初は、事件に関わったと思われる行方不明になった刑事を捜し出す、といった単純な調査のはずだったのに、鳴沢と冴が過去に関わった事件が絡んできたり、警察内部の暗部が出てきたり、と事態が複雑になっていく様子が面白くて、自分の立場が危うくなることを知りながらも、最後までひかずに黒幕を暴いた鳴沢たちの姿がカッコよかったです

次は 『帰郷<刑事・鳴沢了ァ筺 です。


 

| みすてり | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark
スポンサーサイト
| - | 23:24 | - | -|- pookmark



http://riranodokusyo.jugem.jp/trackback/1132


↑このページの先頭へ
RECOMMEND
氷の戦士と美しき狼 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 冷たい瞳が燃えるとき (扶桑社ロマンス)(文庫) (扶桑社ロマンス シ 27-2 〈サイ=チェンジング〉シリーズ)(ナリーニ・シン) / 黒き狩人と夜空の瞳 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 青の瞳をもつ天使 (イソラ文庫)(ナリーニ シン,Nalini Singh) / びんぼう神様さま(高草 洋子) / シルバータン―ストーンハート〈3〉 (THE STONE HEART TRILOGY 3)(チャーリー フレッチャー) / アイアンハンド―ストーンハート〈2〉 (THE STONE HEART TRILOGY 2)(チャーリー フレッチャー) / ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)(チャーリー・フレッチャー) / トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈12〉 不滅の子(ステファニー メイヤー) / トワイライト11 夜明けの守護神 (トワイライト 11)(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈10〉 ヴァンパイアの花嫁(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈9〉 黄昏は魔物の時間(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしに(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈7〉 赤い刻印(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈6〉 嘆きの堕天使(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈5〉 狼の月(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈4〉 牙は甘くささやく(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈2〉 血は哀しみの味(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈1〉 愛した人はヴァンパイア(ステファニー メイヤー) / () / スリーピング・ドール(ジェフリー ディーヴァー) / キャサリン・ダンスシリーズ ウォッチメイカー(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第七弾♪ 12番目のカード(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第六弾♪ 魔術師 (イリュージョニスト)(ジェフリー・ディーヴァー, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第五弾♪ 石の猿(ジェフリー・ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第四弾♪ エンプティー・チェア(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第三弾♪ コフィン・ダンサー(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第二弾♪ ボーン・コレクター(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第一弾♪ みぃつけた(畠中 恵) / いっちばん(畠中 恵) / ちんぷんかん(畠中 恵) / うそうそ(畠中 恵) / おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)(畠中 恵) / ねこのばば(畠中 恵) / ぬしさまへ(畠中 恵) / しゃばけ (新潮文庫)(畠中 恵) / 風神秘抄(荻原 規子) / 薄紅天女(荻原 規子) / 白鳥異伝(荻原 規子) / 空色勾玉(荻原 規子) / () / シャドウ・ファイル/狩る (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル/潜む (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル 覗く (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / ファントム〈上〉(スーザン ケイ, Susan kay, 北条 元子) / ファントム〈下〉 (扶桑社ミステリー)(スーザン ケイ) / 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き](浅岡 省一) /