スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -|- pookmark
讐雨<刑事・鳴沢了Α筺親仮譟―岼
堂場 瞬一
中央公論新社
¥ 900
(2006-06)
Amazonランキング: 175772位

JUGEMテーマ:読書

★★★★(4/5)

あらすじ

「間島を釈放しろ。
さもないと、爆発は続く」連続少女誘拐殺人事件の犯人・間島を逮捕し、解散が目前に迫った捜査本部。
最後の裏付け捜査を担当した鳴沢は、相棒と帰還途中、車の爆破事件に巻き込まれ。
怪我を押して署に戻った二人を待つ犯行声明。
そして第二の爆破事件。
犯人の目的は?見えない動機を追う鳴沢だが―!?(紹介文より)

〜感想〜

『帰郷<刑事・鳴沢了ァ筺 に続く6作目です。

今回の事件もかなりヘヴィです
というか、鳴沢が担当する事件はすべて最後にはとんでもない大事件に発展するんですが

『孤狼<刑事・鳴沢了ぁ筺 の事件解決後、刑事課に戻ることができた鳴沢は、年上のママサン刑事の新しい相棒と組んで連続少女誘拐殺人事件の犯人を逮捕して、あとは解散するばかりだったのだけど、帰宅途中爆破事件に巻き込まれてしまいます

幸いにも2人とも命に別状はなく軽度の負傷程度だったのだけど、怪我をおして署に戻った鳴沢たちは偶然にも、犯人から送られてきた犯行声明の手紙を発見します。
”いたずら” か、それとも ”本物” なのか?
すぐには判断がつかないのだけど、今度は電話でも犯人からの犯行声明がかかってきます。

犯人の要求は、連続少女誘拐殺人事件の犯人の間島を釈放すること
その要求が叶えられなければ、爆破は続くというもので……

いったい、爆破犯人は間島をどうしようというのか?
捜査陣はじめ、鳴沢たちも見当がつかないのだけど、爆破犯人が本気だということは間違いないようで、すぐに第二の爆発が……

犠牲者が出る前に、爆破犯人を突き止めようと奔走する鳴沢だったのだけど、次々と起こる爆発に捜査本部では間島を爆破犯人の要求どおりに釈放しようという意見が多数を占めていきます。
実際、間島は何人もの幼い少女を誘拐して残忍な方法で殺害した許しがたい犯人で、取調べをした刑事たちにしてみれば、釈放されたあとにたとえ間島が酷い目にあったとしても 「知ったことか」 というのが本音のようで。

でも、そういうふうに簡単に思えないのが鳴沢です。
爆破犯人に心当たりがないかを、何度も間島本人から聞き出そうとするのだけど、当の間島は自分以外の人間が傷つこうが死んでしまおうが、なんとも思わない性格で全然話が通じません。 唯一反応を見せるのは自分が傷つけられそうになった時と、自分が手にかけた犠牲者の話をするときだけ


鳴沢は苦労しながらもそんな間島の弱点をついて、何とか手がかりを得ることができます。 そうしてやはり爆破犯人は間島が手にかけた犠牲者たちの関係者だということをつきとめるのだけど、最後の犠牲者の父親が暴力団組員で自らの手で間島に復讐しようとしていることが明らかになります。

同情せずにはいられないけれど、でも、だからといって何をしてもいいということにはなりません。 爆破によって関係のない人たちが巻き込まれて犠牲になる前に、爆破犯人を止めようと鳴沢は必死になるのだけど、捜査本部ではとうとう間島を釈放することを決定

鳴沢は間島に同行することになるのだけど、車での移動中に突然爆発が起きます
気づいたときには、間島が連れ去られようとしていて、驚いたことに間島を捕まえていたのは一緒に捜査をしていた先輩刑事の石井
石井はかつて自分の娘をさらわれて殺されたという過去があり、それだけに間島のことをどうしても許せなかったようで……。

刑事もやはり一人の人間にかわりはなく、娘を無惨に殺された父親として、間島に復讐しようとした姿が切なくも悲しかったです
鳴沢にしても恋人の息子の勇樹のことを思えば、石井の気持ちが理解できるだけに苦い後味を残すことになりました。

ただ、石井のほうがそんなふうにしかできない、鳴沢のことを認めて受け入れてくれていたので、そのことが救いになっていたように思います。 石井の潔さに少しだけ軽い気持ちになることができました。

石井の過去は作者の堂場さんの別シリーズ 『警視庁失踪課・高城健吾』 シリーズの主人公、高城のものと重なるところがあったので、ひょっとしたら高城もこんなふうになる可能性があったのかもしれない、なんて、思ったりもして……印象深い作品でした。

次は 『血烙<刑事・鳴沢了А筺 です。


 
| みすてり | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark
スポンサーサイト
| - | 22:53 | - | -|- pookmark



http://riranodokusyo.jugem.jp/trackback/1134


↑このページの先頭へ
RECOMMEND
氷の戦士と美しき狼 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 冷たい瞳が燃えるとき (扶桑社ロマンス)(文庫) (扶桑社ロマンス シ 27-2 〈サイ=チェンジング〉シリーズ)(ナリーニ・シン) / 黒き狩人と夜空の瞳 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 青の瞳をもつ天使 (イソラ文庫)(ナリーニ シン,Nalini Singh) / びんぼう神様さま(高草 洋子) / シルバータン―ストーンハート〈3〉 (THE STONE HEART TRILOGY 3)(チャーリー フレッチャー) / アイアンハンド―ストーンハート〈2〉 (THE STONE HEART TRILOGY 2)(チャーリー フレッチャー) / ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)(チャーリー・フレッチャー) / トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈12〉 不滅の子(ステファニー メイヤー) / トワイライト11 夜明けの守護神 (トワイライト 11)(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈10〉 ヴァンパイアの花嫁(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈9〉 黄昏は魔物の時間(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしに(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈7〉 赤い刻印(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈6〉 嘆きの堕天使(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈5〉 狼の月(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈4〉 牙は甘くささやく(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈2〉 血は哀しみの味(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈1〉 愛した人はヴァンパイア(ステファニー メイヤー) / () / スリーピング・ドール(ジェフリー ディーヴァー) / キャサリン・ダンスシリーズ ウォッチメイカー(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第七弾♪ 12番目のカード(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第六弾♪ 魔術師 (イリュージョニスト)(ジェフリー・ディーヴァー, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第五弾♪ 石の猿(ジェフリー・ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第四弾♪ エンプティー・チェア(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第三弾♪ コフィン・ダンサー(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第二弾♪ ボーン・コレクター(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第一弾♪ みぃつけた(畠中 恵) / いっちばん(畠中 恵) / ちんぷんかん(畠中 恵) / うそうそ(畠中 恵) / おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)(畠中 恵) / ねこのばば(畠中 恵) / ぬしさまへ(畠中 恵) / しゃばけ (新潮文庫)(畠中 恵) / 風神秘抄(荻原 規子) / 薄紅天女(荻原 規子) / 白鳥異伝(荻原 規子) / 空色勾玉(荻原 規子) / () / シャドウ・ファイル/狩る (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル/潜む (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル 覗く (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / ファントム〈上〉(スーザン ケイ, Susan kay, 北条 元子) / ファントム〈下〉 (扶桑社ミステリー)(スーザン ケイ) / 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き](浅岡 省一) /