スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -|- pookmark
刀語 第十一話<毒刀・鍍(めっき)>/西尾 維新
JUGEMテーマ:読書



★★★★ (4/5)

あらすじ

伝説の刀蒐集完了まで残りあと二本!!毒刀『』を手にした真庭鳳凰は触れるもの全てを斬殺する殺意の化身と化し、真庭忍軍の本拠地“新・真庭の里”に向かう。
虚刀流・鑢七花と奇策士・とがめも、鳳凰と刀を追い、伊賀の山中へ!血塗れた里にひとり佇む鳳凰から告げられる、“乱世”を貫く壮大な秘密とは―!?
悲劇の“終局”まで待ったなし!刀語、第十一話の対戦相手は、真庭忍軍十二頭領がひとり、真庭鳳凰!。(紹介文より)

〜感想〜

『刀語 第十話<誠刀・栓>』 に続く11作目です。

前作の最後のほうで ”誠刀・栓” を手に入れた七花ととがめの前に、突然重傷を負った真庭忍軍の生き残りの真庭人鳥(ぺんぎん)が姿を現し「鳳凰さまを助けて」 と言ってそのまま倒れてしまいます。とがめはとりあえず旅館に運び手当てをして事情を聞きだすことに。

どうやら、”毒刀・鍍” は鳳凰が先に手に入れたものの、その独特の特徴から刀に実際に触れることができず布に包んで持っていたのだけど、そこへ左右田右衛門左衛門が現われて鳳凰との戦いが始まってしまい、鳳凰が不利と見た人鳥(ぺんぎん)がとっさに毒刀を手渡してしまうのだけど、それが逆に命取り

”毒刀・鍍” の毒に侵されてたちまち鳳凰は正気をなくし、左右田右衛門左衛門を倒したもの仲間の人鳥にまで襲い掛かってきます。そうして、重傷を負った人鳥はそのまま討ち捨てられ、鳳凰は真庭忍軍の本拠地へ姿を消して……。

そこへ通りがかったのが七花ととがめだった、ということになるのだけど、そんないきさつを聞きながら、いったいどこまでが真実なのか 本当に鳳凰を助けてほしいのか、それとも罠なのか 
とがめと七花は十中八九は罠だと思いながらも、とにかく ”毒刀・鍍” を手に入れなければならないことに変わりはありません。
とりあえずは、人鳥の情報を元に真庭鳳凰が戻ったという真庭忍軍の本拠地へと向います。
そうして、着いた先で待っていたのは……

”毒” に侵されてすっかり人格の代わってしまった鳳凰。
”毒刀・鍍” の ”毒” の正体は、12本の完成形変体刀を作り上げた ”四季崎” の記憶そのもの 完全に四季崎の人格に乗っ取られてしまい、鳳凰を助けることは不可能な状態に。

そうして、七花ととがめは四季崎からそもそも何故こんな刀を作ったのか?
何が目的だったのか?
そして、七花自身の本当の姿とは?

といった、もろもろの謎について語っていきます。
そうして、すべてを語った後に ”虚刀流” を受け継ぎ ”完了形変体刀” としての七花との戦いを繰り広げ……。

流石はクライマックス直前というだけあって、圧倒される展開になっています。
色々謎だったことが明らかにされたことで、かなりスッキリしました。
旅の終わりが目前に迫ったことで、そのあとどうするのか、をはぐらかし続けていたとがめが七花とともに、旅を続けよう、と口にもし始めて……。

ああ、よかった
とホッとしてたのだけど、でも、最後の最後でそんな甘い期待はしっかり裏切られてしまいました

四季崎を倒し”毒刀・鍍”を手に入れて、旅の終わりに二人で別の旅を続けよう、なんて話をして和んでいたとがめと七花の前に、”否定姫”の命を受けた左右田右衛門左衛門が現われて、無造作にとがめに ”炎刀・銃” を向けて銃弾を打ち込みます。
血を流して地に横たわるとがめの姿に、七花は身動きすることもできずただただ呆然とするばかり……

……今までの話の流れから、すっかりハッピーエンドになると思い込んで油断していただけに、この展開は結構ショックでした
果たして、このままとがめは命を落としてしまうのか、それとも助かるのか
次の最終話 『刀語 第十二話<炎刀・銃>』 に続きます。


| ふぁんたじぃー | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark
スポンサーサイト
| - | 20:24 | - | -|- pookmark



http://riranodokusyo.jugem.jp/trackback/1194


↑このページの先頭へ
RECOMMEND
氷の戦士と美しき狼 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 冷たい瞳が燃えるとき (扶桑社ロマンス)(文庫) (扶桑社ロマンス シ 27-2 〈サイ=チェンジング〉シリーズ)(ナリーニ・シン) / 黒き狩人と夜空の瞳 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 青の瞳をもつ天使 (イソラ文庫)(ナリーニ シン,Nalini Singh) / びんぼう神様さま(高草 洋子) / シルバータン―ストーンハート〈3〉 (THE STONE HEART TRILOGY 3)(チャーリー フレッチャー) / アイアンハンド―ストーンハート〈2〉 (THE STONE HEART TRILOGY 2)(チャーリー フレッチャー) / ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)(チャーリー・フレッチャー) / トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈12〉 不滅の子(ステファニー メイヤー) / トワイライト11 夜明けの守護神 (トワイライト 11)(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈10〉 ヴァンパイアの花嫁(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈9〉 黄昏は魔物の時間(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしに(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈7〉 赤い刻印(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈6〉 嘆きの堕天使(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈5〉 狼の月(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈4〉 牙は甘くささやく(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈2〉 血は哀しみの味(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈1〉 愛した人はヴァンパイア(ステファニー メイヤー) / () / スリーピング・ドール(ジェフリー ディーヴァー) / キャサリン・ダンスシリーズ ウォッチメイカー(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第七弾♪ 12番目のカード(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第六弾♪ 魔術師 (イリュージョニスト)(ジェフリー・ディーヴァー, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第五弾♪ 石の猿(ジェフリー・ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第四弾♪ エンプティー・チェア(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第三弾♪ コフィン・ダンサー(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第二弾♪ ボーン・コレクター(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第一弾♪ みぃつけた(畠中 恵) / いっちばん(畠中 恵) / ちんぷんかん(畠中 恵) / うそうそ(畠中 恵) / おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)(畠中 恵) / ねこのばば(畠中 恵) / ぬしさまへ(畠中 恵) / しゃばけ (新潮文庫)(畠中 恵) / 風神秘抄(荻原 規子) / 薄紅天女(荻原 規子) / 白鳥異伝(荻原 規子) / 空色勾玉(荻原 規子) / () / シャドウ・ファイル/狩る (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル/潜む (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル 覗く (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / ファントム〈上〉(スーザン ケイ, Susan kay, 北条 元子) / ファントム〈下〉 (扶桑社ミステリー)(スーザン ケイ) / 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き](浅岡 省一) /