スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -|- pookmark
ドラゴン・キーパー◆禹腓陵栂供筺織ャロル・ウィルキンソン
キャロル ウィルキンソン
金の星社
¥ 2,310
(2009-02)
Amazonランキング: 609368位

JUGEMテーマ:読書

★★★☆(3.5/5)

あらすじ

太陽が雲に隠れた。
少女の首すじの毛が急に逆立つ。
その男が、頭をおおっている布をめくると、少女はひざからくずおれそうになった。
その男―死霊使い(ネクロマンサー)は、やはり生きていたのだ。
少女は、自分の手に託された、幼い龍の命を思う。
邪悪な力を持つ死霊使いから、小さな龍を守りきることができるのか…。

〜感想〜

『ドラゴン・キーパー 禳埜紊竜楪醂供筺 に続く2作目です。

前作で、宮廷の最後の1匹となった老ドラゴンのロン・ダンザから息子の赤ちゃん龍 ”カイデュアン”  を託されたピンでしたが、やはり1人でドラゴンを育てるというのは並大抵の苦労ではありませんでした
もし、カイの存在を知られてしまえば彼を捕まえて利用しようとするドラゴンハンターはもちろん、ピンに裏切られたと思っている少年皇帝リュウチャからの追っ手がかかることは必至です。
ピンは人が足を踏み入れない山の奥深い洞穴でなんとかカイを育てるのだけど……。
ドラゴンにとって良いことはなにか? 何をしてはいけないのか?

手探り状態でやっていくしかありません。
しかも、カイはダンザのようには話せないようで、意思の疎通もなかなか上手くできません。 たった1人きりでカイを守り育てることに、時々弱気になることもあって……。
そんなある日、カイはドラゴンの能力の1つである、姿変えの能力を発揮し始めます。 まだ力が安定していないので、長い間同じ姿をしていることはできないけれど、この能力が後々カイとピンを助けることになります。
前作でピンから玉を奪おうとしてピンに倒されたはずの死霊術士が生きていて、ピンとカイが暮らしている洞窟に姿を現し、再びカイを奪おうとします。 
その時、偶然にもカイが姿を変えていてなんとか誤魔化すことができるのだけど、決して諦めようとはしない死霊術士はどこまでも追ってきて……
暮らしている場所を変えようと移動したものの、死霊術士はどこまでも追ってきます。
カイを守ろうとしたピンは危うく命を落としそうになってしまいます。 
でもその時、なんとカイが勇敢にも助けにきてくれてピンは命拾いすることに。
嬉しいことにその時からカイとは心で話すことができるようになります

とはいっても、今までピンは言葉だけでカイと話そうとしていたので、心で話しかけていればもっと前から会話できていたはずだということにも気がついて、少し落ち込んでしまうんですが
とにかく、何とか死霊術士から逃れることができたピンだったのだけど、幸運は長くは続かず、一難去ってまた一難。宮廷の衛士に見つかってしまいます。 
そうして、ピンは再び宮廷へと連れて行かれることになるのだけど……。
再会した皇帝のリュウチャはすっかり大人びて、ピンの裏切りを忘れておらずリュウチャはかつて育んだ友情を復活させようとはしませんでした。
カイの存在を知られるわけにはいかない、とピンはカイに姿を変えさせて彼の存在を隠し通そうとするのだけれど、囚われの身でずっと隠すことはやはり難しく、ある日とうとうカイの存在が周囲にもリュウチャにもばれてしまいます
ところが何故かカイはリュウチャが気にいったようで、最初から懐いてくるカイを見てリュウチャは気を和らげてピンを囚われの身から開放してくれます。
そうして、再び宮廷のドラゴン・キーパーとしてピンの暮らしが始まるのだけど……。

カイにとってはどうするのが一番いいことなのか?

ピンはかなり悩むことになります。
人間のピンよりもずっと長生きをするカイのことを思うと、自分がいなくなったあとのことが心配でたまりません。皇帝も今はカイを可愛がってくれているものの、自分が ”不死” になる、という考えに取り付かれたリュウチャは以前のように信頼できる人物ではなくなってしまっていることもあります
悩んだピンはかつて存在していた ”ドラゴン・キーパー”のことを調べようと思い立ちます。 そうして、ある村にドラゴン・キーパーの血筋が残っていることを知り、会いに行くことにするのだけどいざ、実際にジュンという名の少年に会ってみるとカイがあっという間になつき、さらにジュンにもカイの言葉がわかることを知って、嫉妬の念に駆られてしまいます。

カイのことを思えば喜ばなくてはいけないのに……そんな自分を情けなく思うピンだったのだけど、ジュンを連れて宮廷に帰る途中で思いがけない事故に遭い、気がつけばカイもジュンも宮廷からの同行者の姿はなくピンだけが取り残されていて……。
今回は前作のダンザのように助けて導いてくれる存在がなく、ピンはかなり辛い目に遭っています。 それでも”ドラゴン・キーパー” としてひたすらカイのために、よい道を探そうと悩み考え続けるピンの姿は胸をうつものがありました
まだ十四歳の少女が負うには重過ぎる責任だとは思いますが、迷いながらも逃げることなく最善の道を選ぼうと頑張ったピンの姿は感動的で、皇帝リュウチャの裏切り、ドラゴン・キーパーとしての責任と義務、カイへの愛情等々、辛い出来事を乗り越えて、また一回り成長したピンの姿が清清しかったです

そしてピンは最後のほうで、蓬莱島へ旅立った老ドラゴンのダンザの夢での導きで、ドラゴンが安心して暮らせる ”楽園” があることを知ります。
不死になるためにドラゴンのカイを傷つけ利用しようとする皇帝リュウチャの手を逃れ、ピンとカイは ”楽園” を見つけるために旅立つことになります。
果たしてピンとカイはドラゴンたちの楽園を見つけることができるのか?

次の最終巻 『ドラゴン・キーパー<月下の翡翠龍>』 に続きます。



| ファンタジー | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark
スポンサーサイト
| - | 21:02 | - | -|- pookmark



http://riranodokusyo.jugem.jp/trackback/1220


↑このページの先頭へ
RECOMMEND
氷の戦士と美しき狼 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 冷たい瞳が燃えるとき (扶桑社ロマンス)(文庫) (扶桑社ロマンス シ 27-2 〈サイ=チェンジング〉シリーズ)(ナリーニ・シン) / 黒き狩人と夜空の瞳 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 青の瞳をもつ天使 (イソラ文庫)(ナリーニ シン,Nalini Singh) / びんぼう神様さま(高草 洋子) / シルバータン―ストーンハート〈3〉 (THE STONE HEART TRILOGY 3)(チャーリー フレッチャー) / アイアンハンド―ストーンハート〈2〉 (THE STONE HEART TRILOGY 2)(チャーリー フレッチャー) / ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)(チャーリー・フレッチャー) / トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈12〉 不滅の子(ステファニー メイヤー) / トワイライト11 夜明けの守護神 (トワイライト 11)(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈10〉 ヴァンパイアの花嫁(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈9〉 黄昏は魔物の時間(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしに(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈7〉 赤い刻印(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈6〉 嘆きの堕天使(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈5〉 狼の月(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈4〉 牙は甘くささやく(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈2〉 血は哀しみの味(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈1〉 愛した人はヴァンパイア(ステファニー メイヤー) / () / スリーピング・ドール(ジェフリー ディーヴァー) / キャサリン・ダンスシリーズ ウォッチメイカー(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第七弾♪ 12番目のカード(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第六弾♪ 魔術師 (イリュージョニスト)(ジェフリー・ディーヴァー, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第五弾♪ 石の猿(ジェフリー・ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第四弾♪ エンプティー・チェア(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第三弾♪ コフィン・ダンサー(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第二弾♪ ボーン・コレクター(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第一弾♪ みぃつけた(畠中 恵) / いっちばん(畠中 恵) / ちんぷんかん(畠中 恵) / うそうそ(畠中 恵) / おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)(畠中 恵) / ねこのばば(畠中 恵) / ぬしさまへ(畠中 恵) / しゃばけ (新潮文庫)(畠中 恵) / 風神秘抄(荻原 規子) / 薄紅天女(荻原 規子) / 白鳥異伝(荻原 規子) / 空色勾玉(荻原 規子) / () / シャドウ・ファイル/狩る (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル/潜む (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル 覗く (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / ファントム〈上〉(スーザン ケイ, Susan kay, 北条 元子) / ファントム〈下〉 (扶桑社ミステリー)(スーザン ケイ) / 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き](浅岡 省一) /