スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -|- pookmark
囚われちゃったお姫さま<魔法の森1>/パトリシア・C・リーデ
パトリシア・C. リーデ
東京創元社
¥ 2,100
(2008-06)
Amazonランキング: 615283位

JUGEMテーマ:読書

★★★★(3.5/5)

あらすじ

リンダーウォール王国の末の姫シモリーンは、お姫さまらしくするのが大嫌い。
剣術、ラテン語、経済学に魔法にお料理と、夢中になるのはお姫さまにあるまじきことばかり。
隣国のめちゃくちゃハンサムな(だけの)王子と、あやうく婚約させられそうになり、城出を決行。
ところが、飛び込んださきは…なんとドラゴンでいっぱいの洞窟だった。
押しかけ“囚われの姫”になってしまった型破りなお姫さまが、ドラゴンやうさんくさい魔法使いを相手に大活躍!可愛くて元気なファンタジー(紹介文より)

〜感想〜

リンダーウォール王国のお姫さま、シモリーンは小さい頃からお姫さまらしいことには興味がなく、剣術を習ったり、魔法や政治を学んだり、とちょっと型破りなところがあったのだけど、そのことを危惧した王様とお后様は”結婚させてしまおう” とハンサムだけがとりえ(笑)の王子様との婚約を勝手に決めようとします。

そのことを事前に知ったシモリーンは、たまたま出会った蛙 からの助言で今の境遇から抜け出す手助けをしてくれそうな相手のいる場所へと向うことに。
そうして、たどり着いた場所は……なんとドラゴンたちの棲んでいる洞窟
驚くシモリーン姫の前で、彼女をどうするかドラゴンたちは話し合うのだけど、中には食べようというドラゴンもいて……

そんなドラゴンたちの様子を見て、食べられてはたまらない、とシモリーン姫は自ら ”囚われの姫” になることを申し出て、家事、掃除等々をなんでもやると自分を売り込みます(笑)
すると、雌ドラゴンのカズールがシモリーン姫を気にいったらしく、めでたく()カズールの”囚われの姫” としてドラゴンの洞窟で暮らすことになるのだけど……。

本シリーズの物語全体に漂う雰囲気というか世界観が、思わずくすっ と笑っちゃうようなほのぼの感で、素直に楽しかったです

例えば……

ドラゴンに浚われたお姫様を王子様、あるいは勇者がドラゴンを倒して助け出しその後は結婚してめでたしめでたし
っていう話が世間の常識になっていて、「囚われのお姫様」 や 「王子様」 「勇者」 が何人もいたりします

他にも蛙にされた王子様が何匹もいたり(笑)、お姫様は巨人に浚われるときの悲鳴のあげ方を学ばなきゃいけなかったり、と色々な御伽噺が一つになった世界という感じで、読んでいて思わずにやり、とさせられるエピソードも織り込まれていて最初から最後まで楽しむことができました

ヒロインのシモリーン姫は、そんな御伽噺の中の典型的なお姫さまとはちょっと違っていて、自分で考えて行動する活動的なお姫様。
そんなお姫様なので、顔がいいだけ(笑)の王子様との婚約を嫌って飛び出して、自らドラゴンの囚われの姫になったりしちゃいます。

しかも、剣術も魔法もお料理もしっかりできるやり手なので、あっという間にドラゴンのカズールにも気にいられて、”囚われ” というよりも、住み込みの助手のような感じに
窮屈だった王宮暮らしよりもよっぽど快適だと、シモリーン姫もすっかり ”囚われ生活” が気にいってしまいます。

とはいっても、シモリーン姫の国ではそんなこととは思いもよらず、次から次へと ”囚われの姫” を救おうと王子様やら勇者やらが来るわ来るわ(笑)
いい迷惑のシモリーン姫は、彼らをあの手この手で追い返すのだけど中には諦めの悪い相手もいて 少しでも煩わしさをなくすために、救出お断りの看板をたてようとドラゴンの洞窟を出るのだけど、そこで魔法使いの会長と偶然出会います。

なんとなく胡散臭い印象の会長に不信感を抱くのだけど、案の定、ドラゴンたちに対してよからぬ企みをしていることがわかります。
シモリーン姫はわざと頭の軽いお姫様を演じてどんな企みをしているのかを探るのだけど、そうこうするうちにドラゴンの”キング”が殺されてしまい……。

”囚われの姫” 仲間(笑)のお姫様と石にされた王子様、魔女と協力して魔法使いの悪だくらみを阻止しようと活躍するシモリーン姫がカッコよくてステキでした
魔法使いたちの思いがけない弱点には笑っちゃいましたが、ほのぼのした結末で温かい気持ちで読み終えることができました

シモリーン姫が次はどんな活躍を見せてくれるのか。
ワクワクします
次の 『消えちゃったドラゴン<魔法の森2>』  に続きます。


| ファンタジー | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark
スポンサーサイト
| - | 22:43 | - | -|- pookmark



http://riranodokusyo.jugem.jp/trackback/1223


↑このページの先頭へ
RECOMMEND
氷の戦士と美しき狼 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 冷たい瞳が燃えるとき (扶桑社ロマンス)(文庫) (扶桑社ロマンス シ 27-2 〈サイ=チェンジング〉シリーズ)(ナリーニ・シン) / 黒き狩人と夜空の瞳 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 青の瞳をもつ天使 (イソラ文庫)(ナリーニ シン,Nalini Singh) / びんぼう神様さま(高草 洋子) / シルバータン―ストーンハート〈3〉 (THE STONE HEART TRILOGY 3)(チャーリー フレッチャー) / アイアンハンド―ストーンハート〈2〉 (THE STONE HEART TRILOGY 2)(チャーリー フレッチャー) / ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)(チャーリー・フレッチャー) / トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈12〉 不滅の子(ステファニー メイヤー) / トワイライト11 夜明けの守護神 (トワイライト 11)(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈10〉 ヴァンパイアの花嫁(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈9〉 黄昏は魔物の時間(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしに(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈7〉 赤い刻印(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈6〉 嘆きの堕天使(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈5〉 狼の月(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈4〉 牙は甘くささやく(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈2〉 血は哀しみの味(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈1〉 愛した人はヴァンパイア(ステファニー メイヤー) / () / スリーピング・ドール(ジェフリー ディーヴァー) / キャサリン・ダンスシリーズ ウォッチメイカー(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第七弾♪ 12番目のカード(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第六弾♪ 魔術師 (イリュージョニスト)(ジェフリー・ディーヴァー, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第五弾♪ 石の猿(ジェフリー・ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第四弾♪ エンプティー・チェア(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第三弾♪ コフィン・ダンサー(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第二弾♪ ボーン・コレクター(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第一弾♪ みぃつけた(畠中 恵) / いっちばん(畠中 恵) / ちんぷんかん(畠中 恵) / うそうそ(畠中 恵) / おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)(畠中 恵) / ねこのばば(畠中 恵) / ぬしさまへ(畠中 恵) / しゃばけ (新潮文庫)(畠中 恵) / 風神秘抄(荻原 規子) / 薄紅天女(荻原 規子) / 白鳥異伝(荻原 規子) / 空色勾玉(荻原 規子) / () / シャドウ・ファイル/狩る (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル/潜む (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル 覗く (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / ファントム〈上〉(スーザン ケイ, Susan kay, 北条 元子) / ファントム〈下〉 (扶桑社ミステリー)(スーザン ケイ) / 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き](浅岡 省一) /