スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -|- pookmark
迷路/キャサリン・コールター
JUGEMテーマ:読書


★★★★(4/5)

あらすじ

被害者はみな廃屋に組んだ迷路を歩かされ、舌を切り取られていた…… 七年前サンフランシシコを震撼させた猟奇連続殺人。かつてこの事件で姉を失ったレーシー・シャーロックはFBI捜査官になったいまも密かに犯人を追い続けていた。そんななかボストンで再び同様の事件が!シャーロックは敏腕捜査官サビッチの協力を得て犯人を追いつめるが、封印した過去を解き放ち、みずから迷路の入口に立とうとしているとは気づくはずもなかった……(紹介文より)

かわいい前置きかわいい

作者のキャサリン・コールターについて少し。
彼女は歴史もののロマンス − ヒストリカルロマンスで一躍注目浴びた作家さんです。ハーレクイン、MIRA文庫からも続々と作品が出ているので、ロマンス好きの方はこちらもどうぞ読んでみてください猫2


〜感想〜

”シャーロック”

この名前を聞いた人はほとんど全員が、”彼” を思い浮かべると思うのだけど、彼の子孫だとか、親戚だとか、そういう設定ではありません(笑) 

ヒロインのシャーロックは姉を連続殺人鬼 ”ストリングキラー ”に殺された過去を持っています。その過去のトラウマから逃れられない彼女は姉を殺した犯人を捕まえるためにFBI捜査官になることを選びます。そして、アカデミーの最終試験で試験官の一人だったディロン・サビッチに優秀さを買われ、シャーロックは彼が担当する犯罪分析課で捜査官として働くことになる。 

ディロン・サビッチ ― 彼はコンピューターを駆使してかつてない犯罪者割り出し方法を編み出した、伝説的な人物。

本当ならシャーロックはプロファイラーとしてFBIに勤めることを望んでいたのだけど、実際の業務のあまりの過酷さに挫折。諦めて、おとなしく銀行強盗を追うつもりだったシャーロックにとってサビッチからの誘いは思いがけないものでした。

これで、姉の事件を追う事ができると喜ぶシャーロック。ところが、このサビッチは切れ者で一筋縄ではいかない人物。彼にばれない様に姉の事件を追い続けるシャーロックはある日、姉を殺した連続殺人鬼が7年の歳月を経て、殺人を再開したことを突き止める。
シャーロックはサビッチに嘘をついて、こっそり事件を調べようとするのだけど……。

そんなシャーロックの行動はサビッチには最初から、お見通しひやひや

サビッチのパスワードをこっそり手に入れて極秘情報にアクセス、さらに嘘をついていたシャーロックに怒り心頭に達したサビッチだったのだけど、辞める覚悟をした彼女にサビッチは気持ちを汲んで事件の調査に同行するように伝えます。
そうして、新たな連続殺人を止めるため、姉を殺した犯人を捕まえるため、シャーロックとサビッチの二人は協力して捜査をすることに。

いわゆるプロファイラーものとはちょっと違ってて、ディロン・サビッチが独自に編み出したコンピュータープログラム”MAX”(マックス)によって、犯人を割り出していきます。この MAXは細部まで割り出してくれる優れもの。 でも、そこまで突き止めるためには、やっぱり人間が集めた情報がものをいいます。
データを入力するのはあくまでも捜査官たち。
そして、そのデータをもとに人間が気づかなかったことをMAXが突き止めてくれる、という仕組みです。

面白いのが、このMAX はなぜか、時々性転換ワッ!して マクシーネ になっちゃったりもします(笑) なんの意味があるかというと、意味はないらしいたらーっ

そんな優れもののMAXがありながらも、シャーロックの捜査はなかなかはかどりません。なぜかというと、ボスのディロン・サビッチは切れ者で頼りがいのあるナイスガイで、シャーロックとサビッチはお互いに惹かれあうようになるのだけど、それが面白くない元カノの同僚に嫌がらせされたり、あろうことか情報をリークされて捜査の足を引っ張られてしまうから。 

そのほかにもシャーロックに家に戻ってきてほしい父親の ”FBIを辞めなさい”攻撃ひやひやや、姉の夫だった義兄からの”結婚してくれ”攻撃ひやひや等々、事件以外のことで頭を悩まされる羽目になるシャーロック(気の毒…たらーっ

もちろん、シャーロックは捜査を優先するのだけど、彼女自身も命を狙われたり何度も襲われて怪我を負う事態に。そんな彼女に対して保護欲を刺激されたサビッチはますますシャーロックに惹かれていって……。

ロマンスラブラブを絡めながら、ハラハラドキドキのミステリが楽しめますラッキー

このサビッチとシャーロックはこれから先の作品にも、ちょくちょく登場します。<FBIシリーズ> ということで、この二人の周囲の人間が主役として変わっていくのだけど、名前だけとか、捜査に協力したりとかで顔を出し、その度に二人の近況がわかるのも楽しみの一つですわーい

次は  『袋小路』  へ。
サビッチの妹リリーが主役です。
| ロマンティックミステリ | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark
スポンサーサイト
| - | 09:42 | - | -|- pookmark



http://riranodokusyo.jugem.jp/trackback/151


↑このページの先頭へ
RECOMMEND
氷の戦士と美しき狼 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 冷たい瞳が燃えるとき (扶桑社ロマンス)(文庫) (扶桑社ロマンス シ 27-2 〈サイ=チェンジング〉シリーズ)(ナリーニ・シン) / 黒き狩人と夜空の瞳 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 青の瞳をもつ天使 (イソラ文庫)(ナリーニ シン,Nalini Singh) / びんぼう神様さま(高草 洋子) / シルバータン―ストーンハート〈3〉 (THE STONE HEART TRILOGY 3)(チャーリー フレッチャー) / アイアンハンド―ストーンハート〈2〉 (THE STONE HEART TRILOGY 2)(チャーリー フレッチャー) / ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)(チャーリー・フレッチャー) / トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈12〉 不滅の子(ステファニー メイヤー) / トワイライト11 夜明けの守護神 (トワイライト 11)(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈10〉 ヴァンパイアの花嫁(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈9〉 黄昏は魔物の時間(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしに(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈7〉 赤い刻印(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈6〉 嘆きの堕天使(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈5〉 狼の月(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈4〉 牙は甘くささやく(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈2〉 血は哀しみの味(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈1〉 愛した人はヴァンパイア(ステファニー メイヤー) / () / スリーピング・ドール(ジェフリー ディーヴァー) / キャサリン・ダンスシリーズ ウォッチメイカー(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第七弾♪ 12番目のカード(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第六弾♪ 魔術師 (イリュージョニスト)(ジェフリー・ディーヴァー, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第五弾♪ 石の猿(ジェフリー・ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第四弾♪ エンプティー・チェア(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第三弾♪ コフィン・ダンサー(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第二弾♪ ボーン・コレクター(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第一弾♪ みぃつけた(畠中 恵) / いっちばん(畠中 恵) / ちんぷんかん(畠中 恵) / うそうそ(畠中 恵) / おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)(畠中 恵) / ねこのばば(畠中 恵) / ぬしさまへ(畠中 恵) / しゃばけ (新潮文庫)(畠中 恵) / 風神秘抄(荻原 規子) / 薄紅天女(荻原 規子) / 白鳥異伝(荻原 規子) / 空色勾玉(荻原 規子) / () / シャドウ・ファイル/狩る (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル/潜む (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル 覗く (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / ファントム〈上〉(スーザン ケイ, Susan kay, 北条 元子) / ファントム〈下〉 (扶桑社ミステリー)(スーザン ケイ) / 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き](浅岡 省一) /