スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -|- pookmark
荒野へ/ジョン・クラカワー
ジョン・クラカワー
集英社
¥ 1,260
(2007-03)
JUGEMテーマ:読書


★★★★(4/5)

−紹介文−

厳寒のアラスカに消えたひとつの命。
アメリカの地方新聞が報じたある青年の死は、やがて全米に波紋を呼んだ。恵まれた境遇で育った彼は、なぜアラスカの荒野でひとり死んでいったのか。


〜感想〜

映画の  【イントゥ・ザ・ワイルド】  を先に観たのだけど、クリス本人がどういう人物だったのか? もっと詳しく知りたくなってしまいました。

著者のジョン・クラカワーは、生前のクリスが旅で知り合った人たちの話や、クリスが彼らに出した手紙、クリスが残していた日記を紹介しながら、彼が辿った旅の軌跡を追っていきます。

そうやって紹介されている手紙や、クリスとかかわりあった人たちの話を読むと、彼自身にはどこか人を惹きつけるものがあったことが伝わってきます。
恵まれた環境に育ちながら、所持金を焼き払いほとんど身ひとつで旅に出たクリス。
行き倒れ状態になったり、嫌な思いもしたこともあったようなのだけど、彼の一番の目的 ― アラスカの荒野へ行き、自分の力だけで生きていく という決心を翻すことはありませんでした。

若い頃って誰でも、理想主義で、潔癖なところが多少なりともあると思うのだけど、クリスはそういった気持ちが人一倍強かったように思えます。 頭がよかっただけに、疑問に思ったことや、理不尽だと思えることに答えを求めずにはいられず、決して妥協をしない。

でも、そういう気性は、生きていくには辛いのではないでしょうか…… ポロリ

ただ、クリスは自分の殻に閉じこもりがちになるところはあるにしろ、人と積極的に関わり社交的に振舞うこともできたようです。旅の途中で出会った人々のほとんどは彼のことが好きだったようですし。クリスが無事に荒野から生きて戻る事ができていたら……どれほど魅力的な人物になっていたことか。

映画を観ていたときも感じたのだけど、クリスの失われた未来や、可能性のことを思うと残念でなりませんでした。

本作を読んだ事で、よりいっそうクリス・マッカンドレスの人物像が身近に思えたけれど、痛ましく感じる気持ちも強くなりました。
……若さというのは素晴らしいものですが、悲しいことでもあるのだな、と、そんなふうに思いましたポロリ
| その他 | 19:02 | comments(2) | trackbacks(1)|- pookmark
スポンサーサイト
| - | 19:02 | - | -|- pookmark
くまんちゅうさん♪

コメントありがとうございます(^^)
やっぱり、原作気になりますよね。
同じく読んじゃいました(笑)
くまんちゅうさんの言うとおり、よりいっそうクリスが身近に感じられて、それだけに切なさが増しました。何故、地図を持っていかなかったのか……生きて戻ってほしかったです。
| りら | 2008/10/19 9:45 AM |
トラバどうもでした
やっぱり気になって原作も読んじゃいました。
映画では語りきれていない部分も判って良かったです、
原作の方がクリスをより深く理解出来た気がします、それだけに余計に切なかったですけど。
生還したならどんなに成長したかと思うと残念です、せめて地図くらい持っていたなら。
| くまんちゅう | 2008/10/18 10:36 PM |



http://riranodokusyo.jugem.jp/trackback/162
ジョン・クラカワー著「荒野へ(INTO THE WILD)」感想
荒野へ (集英社文庫 ク 15-1)映画イントゥ・ザ・ワイルドの原作、ジョン・クラカワー氏の「荒野へ」原題はもちろん「I
| Wilderlandwandar | 2008/10/18 10:34 PM |


↑このページの先頭へ
RECOMMEND
氷の戦士と美しき狼 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 冷たい瞳が燃えるとき (扶桑社ロマンス)(文庫) (扶桑社ロマンス シ 27-2 〈サイ=チェンジング〉シリーズ)(ナリーニ・シン) / 黒き狩人と夜空の瞳 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 青の瞳をもつ天使 (イソラ文庫)(ナリーニ シン,Nalini Singh) / びんぼう神様さま(高草 洋子) / シルバータン―ストーンハート〈3〉 (THE STONE HEART TRILOGY 3)(チャーリー フレッチャー) / アイアンハンド―ストーンハート〈2〉 (THE STONE HEART TRILOGY 2)(チャーリー フレッチャー) / ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)(チャーリー・フレッチャー) / トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈12〉 不滅の子(ステファニー メイヤー) / トワイライト11 夜明けの守護神 (トワイライト 11)(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈10〉 ヴァンパイアの花嫁(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈9〉 黄昏は魔物の時間(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしに(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈7〉 赤い刻印(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈6〉 嘆きの堕天使(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈5〉 狼の月(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈4〉 牙は甘くささやく(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈2〉 血は哀しみの味(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈1〉 愛した人はヴァンパイア(ステファニー メイヤー) / () / スリーピング・ドール(ジェフリー ディーヴァー) / キャサリン・ダンスシリーズ ウォッチメイカー(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第七弾♪ 12番目のカード(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第六弾♪ 魔術師 (イリュージョニスト)(ジェフリー・ディーヴァー, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第五弾♪ 石の猿(ジェフリー・ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第四弾♪ エンプティー・チェア(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第三弾♪ コフィン・ダンサー(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第二弾♪ ボーン・コレクター(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第一弾♪ みぃつけた(畠中 恵) / いっちばん(畠中 恵) / ちんぷんかん(畠中 恵) / うそうそ(畠中 恵) / おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)(畠中 恵) / ねこのばば(畠中 恵) / ぬしさまへ(畠中 恵) / しゃばけ (新潮文庫)(畠中 恵) / 風神秘抄(荻原 規子) / 薄紅天女(荻原 規子) / 白鳥異伝(荻原 規子) / 空色勾玉(荻原 規子) / () / シャドウ・ファイル/狩る (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル/潜む (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル 覗く (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / ファントム〈上〉(スーザン ケイ, Susan kay, 北条 元子) / ファントム〈下〉 (扶桑社ミステリー)(スーザン ケイ) / 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き](浅岡 省一) /