スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -|- pookmark
大穴/ディック・フランシス
ディック・フランシス,菊池 光
早川書房
¥ 861
(1976-04)
★★★★(4/5)

あらすじ

ラドナー探偵社の調査員シッド・ハレーは、わき腹に喰いこんだ鉛の弾丸のおかげで生き返った。かつて一流の騎手だったハレーは、レース中に腕を負傷し騎手生命を絶たれ死人も同然だったのだ。だが、いま彼の胸の中に犯人を捕らえようとする気持ちがわき起こる。彼を撃った男は誰に頼まれたのか?その黒幕は何を企んでいるのか?傷の癒えたハレーは過去への未練を断ち切り競馬界にうごめく陰謀に完全と立ち向かっていく。(紹介文より)

〜感想〜

『その時はそうは思わなかったが、あの銃弾は私自身にとっては人間解放の第一歩であった』 (本文より)

ごあいさつ の記事で書いたように私の一番好きな作家ディック・フランシス。記念すべき(笑)最初の記事は、やはり彼の作品から載せたいと思いますわーい この作品の主人公は競馬シリーズの中でも私の一番のお気に入りのヒーロー、シッド・ハレーですラブラブ

チャンピオン・ジョッキィにまでなった一流騎手のシッドは、レース中の事故で、手に回復不能の怪我を負ってしまう。彼の何よりの望みは騎手としてレースに出場し、勝つこと。シッドにとっては、それが全て。そんな彼の態度に耐え切れなかった妻ジェニィとはいがみ合うようになり、ついには離婚。

手に負った怪我は正視に堪えないほどひどい状態で、手としての機能を果たすこともできず、周囲から向けられる憐れみの視線に屈辱感を感じるシッド。栄光、名誉、愛情……全て失ったことで彼は生ける屍状態に。

そんな彼のもとへラドナー探偵社の経営者ラドナーが自分の下で働くよう誘いかけてくる。どんなことにも興味をもてなくなっていたシッドは言われるがまま、彼の下で調査員として働き始めるが……。もともと好きで始めた仕事ではなかったことから、嫌気がさしていたシッドは油断がもとで生死の境目をさ迷うことになる。 

目覚めた彼は退院後、義父チャールズの自宅で療養することになるんだけど、実はそこには新たな事件にシッドを巻き込もうという、チャールズの企みが隠されていたんだよね。このチャールズは離婚した妻ジェニィの父親なのだけど、最初の方こそ、 ”たかが、騎手” と見下していた彼はシッドの頭脳明晰さに気づき、すこしずつ心を開き始めて今では本当の父子のような絆で結ばれていたんだよね。だからこそ、シッドのことを心配していて、チャールズなりの方法でシッドを元気付けようと画策したってわけなんだけど……。

その方法っていうのが、生ぬるいやり方じゃなくてね〜。 愛のムチって感じたらーっ 何はともあれ、その方法が功を奏してシッドは調査を始めることになる。まず、手始めはボスであるラドナーに調査の許可をもらうこと。ところが、寛容に見守っていてくれたはずのボスも、今回のシッドの失態に諦めてしまったのか、あまり乗り気じゃない様子……。

「感じのいい気のきいた冗談を言う灰がオフィスを漂っていた。ただ、それだけのことだ」

そんなふうに言われて始めて自分がどれだけひどい状態だったのかを知ったシッドは、とにかくチャンスを与えてもらうためにラドナーを説得するんだよね。もともとラドナーはそれが望みだったこともあって、彼にゴーサインを出す。相棒のチコと共にシッドは競馬場乗っ取りを防ぐ為、調査を開始するんだけど……。-

とにかく、欲しくて欲しくて仕方がないものがあって、そのために血のにじむような努力をして手に入れることが出来たとき……喜びはいったいどれほどのものなのかしらね? そして、同時にそれを奪われてしまった時の絶望はどれだけ深いものなのか?

その両方を経験したシッド・ハレー。

彼が味わった挫折感、絶望、屈辱。 それらは、本当の意味でわかることはないのだけれど、少しずつ自分を取り戻し絶望の淵から這い上がっていくシッドの勇気には胸が熱くなりました〜。

次は  『利腕』  へ。
| ミステリ | 16:49 | comments(4) | trackbacks(1)|- pookmark
スポンサーサイト
| - | 16:49 | - | -|- pookmark
qさん♪

記事をUPするのに、好きな作家さんだとやっぱり力入っちゃうし、他の人にも読んでほしい、と思うから妙に詳しい感想になっちゃったりしない?(笑)
女の人で海外ミステリ読む人ってあんまりいないのかな? って、私ちゃんと女なのでご安心を(笑) …おばさんだけど(笑) んで、札幌にいます。”リラ” は札幌市のシンボルの花からとっってます(^^)
qさんは東京なのね〜。 こちらとはテンポが違うようなことを聞いたので、私がそちらに行ったらきっと戸惑っちゃうだろうな〜(^^;)

富良野、いいとこだよね♪
夏はラベンダー、冬はスキーと、二度楽しめるし(笑)
私もqさんと知り合えてよかった♪
これからも、たくさんお話しましょうね〜(^^)
来年もよろしくね。
よいお年を〜♪
| リラ | 2010/12/31 9:21 PM |
好きな作家とあらば、記事up
でも、なんだか書くのに戸惑いつつだよ〜
最近、読書ブロガーさんが多いけど
女性で→リラさんが女性と思ってる私←
ディック・フランシスとか、海外モノも読みますわよ
ってのが少ないような・・・
そっか〜 北海道のどこら辺だろうな〜
私は、代々続くお江戸、東京
上野公園の目前、鶯谷って所で生まれてね
すぐ裏には落語家の林家一家がいる所で生まれて
以来、場所は変われど、ずーっと東京なのよ
読書好き、映画好きは、祖父母に親からとDNAだな〜
そうそう!私のネット友に十勝もいるし、札幌も北広島もなんか江別もいるし・・・
qパパは毎年、富良野プリンスにskiに行くよ〜
私も3年ぐらい前に富良野〜旭川方面は「たび」した

あ〜リラさんと出会えて良かった〜〜
| q | 2010/12/29 11:07 PM |
qさん♪

おお〜っ、フランシスの記事UPしたのね!
嬉しい〜♪
ほんとqさんと本の好きな傾向似てると思う(^^)
会って話したら、いつまでたっても話し続けてるよね、きっと♪

そうなの、私は生まれも育ちも北海道人なのよ〜(^^)
qさんは、どこだっけ?
北海道来ることってあるかな?
もし、来ることがあったら教えてね〜♪

あ、そうそう、シッド!(笑)
フランシスさんの競馬シリーズの中で、私はシッドが
一番のお気に入り♪
あと、”侵入”、”連闘” のキットとか、”黄金” のイアンが好き〜^m^
でもまあ、結局は、皆好きなんだけどね(笑)
qさんのお気に入りはどの作品かな〜?
| リラ | 2010/12/29 7:01 PM |
ふぅ・・・ディック・フラシスの記事をupしたよん
んふ〜〜♪大好き過ぎて何回も読み直しちゃって
やっぱりシッドのシリーズも好きかも♪
素敵過ぎのシッド♪

これから徐々にディック・フランシスの記事をupしていくよ〜

ほんと・・・リラさんと図書館に行ったりしたら
趣向が似てるって実感できそう!
2人で本の話をしたら
めっちゃ楽しいだろうな〜
だって、こうやってブログで、やりとりしてて
それだけでも「あ!リラさんと趣向が似てる」
って思うもん
え?!?!リラさんって、北海道人?!?!
私、結構 道産子のネット仲間が多いのよ〜
| q ぐふっっ♪ | 2010/12/28 10:08 PM |



http://riranodokusyo.jugem.jp/trackback/44
大穴
2013年の最初に読んだ本で、初めて読んだ「競馬シリーズ」でもある。誰だって毅然として気高く生きたいけれど、やっぱニンゲンは弱いから挫折して、自己嫌悪の沼にハマってしまった ...
| 天竺堂の本棚 | 2014/02/22 12:06 PM |


↑このページの先頭へ
RECOMMEND
氷の戦士と美しき狼 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 冷たい瞳が燃えるとき (扶桑社ロマンス)(文庫) (扶桑社ロマンス シ 27-2 〈サイ=チェンジング〉シリーズ)(ナリーニ・シン) / 黒き狩人と夜空の瞳 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 青の瞳をもつ天使 (イソラ文庫)(ナリーニ シン,Nalini Singh) / びんぼう神様さま(高草 洋子) / シルバータン―ストーンハート〈3〉 (THE STONE HEART TRILOGY 3)(チャーリー フレッチャー) / アイアンハンド―ストーンハート〈2〉 (THE STONE HEART TRILOGY 2)(チャーリー フレッチャー) / ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)(チャーリー・フレッチャー) / トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈12〉 不滅の子(ステファニー メイヤー) / トワイライト11 夜明けの守護神 (トワイライト 11)(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈10〉 ヴァンパイアの花嫁(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈9〉 黄昏は魔物の時間(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしに(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈7〉 赤い刻印(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈6〉 嘆きの堕天使(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈5〉 狼の月(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈4〉 牙は甘くささやく(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈2〉 血は哀しみの味(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈1〉 愛した人はヴァンパイア(ステファニー メイヤー) / () / スリーピング・ドール(ジェフリー ディーヴァー) / キャサリン・ダンスシリーズ ウォッチメイカー(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第七弾♪ 12番目のカード(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第六弾♪ 魔術師 (イリュージョニスト)(ジェフリー・ディーヴァー, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第五弾♪ 石の猿(ジェフリー・ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第四弾♪ エンプティー・チェア(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第三弾♪ コフィン・ダンサー(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第二弾♪ ボーン・コレクター(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第一弾♪ みぃつけた(畠中 恵) / いっちばん(畠中 恵) / ちんぷんかん(畠中 恵) / うそうそ(畠中 恵) / おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)(畠中 恵) / ねこのばば(畠中 恵) / ぬしさまへ(畠中 恵) / しゃばけ (新潮文庫)(畠中 恵) / 風神秘抄(荻原 規子) / 薄紅天女(荻原 規子) / 白鳥異伝(荻原 規子) / 空色勾玉(荻原 規子) / () / シャドウ・ファイル/狩る (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル/潜む (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル 覗く (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / ファントム〈上〉(スーザン ケイ, Susan kay, 北条 元子) / ファントム〈下〉 (扶桑社ミステリー)(スーザン ケイ) / 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き](浅岡 省一) /