スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -|- pookmark
天地に愧じず−御算用日記(2)−/六道 慧
六道 慧
光文社
¥ 660
(2005-09-08)
Amazonランキング: 155903位

JUGEMテーマ:読書

★★★★(4/5)

あらすじ

幕府御算用者・生田数之進は、御家騒動に揺れる播磨国高野藩への潜入を命じられる。
改易を目論む幕府の思惑を避けつつ、真実を掴もうとするが、そんな折り、藩士が何者かに襲われた。
また、藩に怪しい隻眼の大男が出入りし…。
やがて、その男の正体が判明し、戦慄が走った!果たして、藩と数之進の運命やいかに!?(紹介文より)


〜感想〜

『青嵐吹く−御算用日記(1)−』 で、”御算用者” としての任務を無事果たした数之進。
前回の潜入先で無二の親友になった早乙女一角も加わって、数之進は勘定方として、一角は側小姓としてコンビを組んで潜入することになります

今回の潜入先は御家騒動中の高野藩。
向かいの長屋に住んでいた謎の浪人の鳥海左門の正体は、数之進の上役の両目付だったわけですが、彼の狙いは改易を目論む幕府の思惑を覆すこと。
鳥海左門のそんな気持ちを知った数之進は、心置きなく(笑)藩を存続させるために全力を尽くせるようになっています。

とはいえ、本当に悪事を働いていたりする藩ももちろんあるので、調べは慎重に辛抱強くしなくてはいけません。 そんな数之進の頼りになる味方は早乙女一角。
すっかり、数之進が気に入った一角は剣の腕はからきしの彼の護衛もかねて、何かと彼の助けになっています。 気に入りすぎて、数之進をけなす相手を殴ろうとするほど(笑)

そして、数之進の厄病神(笑)の姉二人も健在です。
数之進には姉が3人いるのだけど、長姉は 伊智(いち) といって、婿養子をもらい生田家を継ぎしっかりと家を守り立てている出来た姉です。 

問題なのはあとの二人の姉。
二番目の姉 富美(ふみ) は、結婚して一度は家を出たものの呆れるほどの ”着道楽” で愛想を着かされて離縁されてしまっています。
数之進が肩代わりすることになった借金は、この”着道楽” が原因。

そして、三番目の姉 三紗(みさ)は未婚なのだけど、それには理由がありました。 その理由とは桁外れの ”大喰らい”  だということ。
とにかく、食べる、ひたすら食べる。
そして、その借金は同じく数之進が肩代わりすることに。

その額はあわせて 三百五両

……気の毒な数之進
この借金は勘定方としての数之進の才能を見込んだ幕府が払ってくれたわけですが、その変わり数之進は ”御算用者” として働くことに。
一つの任務が終わるごとに十両、二十両、と少しずつ返却していくのだけど……先は長いです そんな数之進の苦労も知らず、二人の姉は江戸に来ても相変わらずの好き放題。
富美は”着道楽” 三紗は”食道楽” を続けています。

ところが、そんな二人の行動の裏には実はそれなりの理由があることが薄々わかってきます。
富美の場合は、子供ができなかったことで、心に傷を負いその傷を少しでも癒そうとしていたのが原因でした。 そして、三紗もまた三女ということで味わった孤独や、悲しみを紛らすために大食いに走ったようで……。

ただ、面白い事に故郷では 鼻つまみ者 扱いだった二人ですが、江戸ではそんな変わったところが受けて、三紗は住民たちの間でちょっとした有名人になります。
そして、富美は着るものに詳しいという特技を生かして、自分で商売を始めるきっかけをつかみます。
 数之進にとってお荷物でしかなかった二人の姉が少しずつ変わっていく様子は、何だか感慨深いものがありました(笑)

とはいえ、数之進に迷惑をかけるのが趣味のような二人ですから、数之進が御算用者としての務めを果たそうとしている間にも、ちょくちょく問題を起こしてくれます。 しまいには、数之進の隠密としての役目を薄々察した三紗はいざとなれば、その役目をばらすと脅迫してやろう、なんてことまで考えてるんですから呆れてしまいます

そんなふうに足を引っ張られながら、役目を果たしていく数之進の姿が気の毒ながらも面白かったです

ただ、この ”御算用者” という役目は普通に考えれば藩にとっては、歓迎すべからざる人物。 場合によっては、直接ではないにしても藩を取り潰すこともできる人物ということになるわけで……藩にとって不利な証拠をつかまれないようにその人物を殺そうと考える輩も出てきます。そんなわけで、今回は、数之進は危険な目にあってますが一角がしっかり守って事なきを得てます。
とはいえ、いつも一角がそばにいられるはずもないので、これから先はちょっと数之進の身が心配です

次は 『まことの花−御算用日記(3)−』 です

| 時代 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark
スポンサーサイト
| - | 22:07 | - | -|- pookmark



http://riranodokusyo.jugem.jp/trackback/533


↑このページの先頭へ
RECOMMEND
氷の戦士と美しき狼 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 冷たい瞳が燃えるとき (扶桑社ロマンス)(文庫) (扶桑社ロマンス シ 27-2 〈サイ=チェンジング〉シリーズ)(ナリーニ・シン) / 黒き狩人と夜空の瞳 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 青の瞳をもつ天使 (イソラ文庫)(ナリーニ シン,Nalini Singh) / びんぼう神様さま(高草 洋子) / シルバータン―ストーンハート〈3〉 (THE STONE HEART TRILOGY 3)(チャーリー フレッチャー) / アイアンハンド―ストーンハート〈2〉 (THE STONE HEART TRILOGY 2)(チャーリー フレッチャー) / ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)(チャーリー・フレッチャー) / トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈12〉 不滅の子(ステファニー メイヤー) / トワイライト11 夜明けの守護神 (トワイライト 11)(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈10〉 ヴァンパイアの花嫁(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈9〉 黄昏は魔物の時間(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしに(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈7〉 赤い刻印(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈6〉 嘆きの堕天使(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈5〉 狼の月(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈4〉 牙は甘くささやく(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈2〉 血は哀しみの味(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈1〉 愛した人はヴァンパイア(ステファニー メイヤー) / () / スリーピング・ドール(ジェフリー ディーヴァー) / キャサリン・ダンスシリーズ ウォッチメイカー(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第七弾♪ 12番目のカード(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第六弾♪ 魔術師 (イリュージョニスト)(ジェフリー・ディーヴァー, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第五弾♪ 石の猿(ジェフリー・ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第四弾♪ エンプティー・チェア(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第三弾♪ コフィン・ダンサー(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第二弾♪ ボーン・コレクター(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第一弾♪ みぃつけた(畠中 恵) / いっちばん(畠中 恵) / ちんぷんかん(畠中 恵) / うそうそ(畠中 恵) / おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)(畠中 恵) / ねこのばば(畠中 恵) / ぬしさまへ(畠中 恵) / しゃばけ (新潮文庫)(畠中 恵) / 風神秘抄(荻原 規子) / 薄紅天女(荻原 規子) / 白鳥異伝(荻原 規子) / 空色勾玉(荻原 規子) / () / シャドウ・ファイル/狩る (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル/潜む (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル 覗く (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / ファントム〈上〉(スーザン ケイ, Susan kay, 北条 元子) / ファントム〈下〉 (扶桑社ミステリー)(スーザン ケイ) / 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き](浅岡 省一) /