スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -|- pookmark
デモナータ 2幕 −悪魔の盗人−/ダレン・シャン
ダレン・シャン
小学館
¥ 1,575
(2006-01-28)
Amazonランキング: 138584位

JUGEMテーマ:読書
 
★★★☆(3.5/5)

あらすじ

カーネルは、他の子には見えない「あるもの」が見えるために、いつも変人あつかい。
ある日、カーネルは思いがけない事態に直面し、いままで知らなかった世界や、自分の意外な才能に気づいた。
しかし、彼をまっていたのは、悲しい運命だった。(紹介文より)



〜感想〜

前作 『デモナータ 1幕−ロード・ロス−』 より、ちょっと前の話しになります。
今回は本シリーズの3人の主人公のうちの2人目、コーネリアス・フレックが活躍してます。

小さい頃に自分の名前をうまく言えず、「カーネル」 と言っていたのが定着して、皆からもカーネルと呼ばれている少年は、何故か他の人たちには見えない ”光のかけら” を生まれた時から見ていました。

その光のかけら、大きさもまちまちで色も様々。
カーネルにとっては当たり前のものが、他の人間には見えないことが理解できず、光のかけらのことを口に出した事で、「変わり者」 として敬遠されるようになってしまいます。

一人で過ごすようになったカーネルは、孤独な毎日を過ごすことになってしまうのだけど、ある日、光のかけらを集めるうちに窓のようなものを作り上げます。
すると、その窓の向こうに怖ろしい顔の魔物が現れて……

同時にカーネルの頭の中で ”声” がしはじめます。
その声は窓の中へ行くようにいい……。

ふと、気づくとカーネルは自分の部屋の中で倒れていて、腕の中には弟のアートが。
いったい何があったのか? まったく記憶のないカーネルだったのだけど、両親から数日間行方不明になっていたことを聞かされます。
そして、両親は何故か怯えたような振る舞いをして、突然引っ越すと言い出します。

不思議に思うカーネルだったのだけど、引っ越した先は静かで過ごしやすい村でカーネルもすっかり落ち着きます。 そして、ある日両親が出かけることになりカーネルはアートと二人で留守番をすることになるのだけど、そのことがカーネルを思いがけない運命へと導く事になります。

アートを連れて野外授業を受けていたカーネルは、森で再び魔物に出くわすことに。
そして、その魔物は弟のアートをさらって、窓を通り抜けていってしまいます。
混乱する中、窓のところに人間がいることに気づくアートだったのだけど、彼らは助けにきたわけではなく魔物を追ってきたことがわかります。
カーネルは恐怖に襲われながらも、アートを救い出すために窓を再び通り抜けるのだけど……。

通り抜けた先は悪魔のいる世界 「デモナータ」
右も左もわからないアートだったのだけど、少し前にであった人たちがいること気づき、一緒に行かせてくれるよう頼むのだけど、リーダーらしき男はにべもなく断ります。
それでも諦めないカーネルにいらだった男はカーネルを人食い木へ投げ飛ばすという乱暴な手段に出るのだけど、その時カーネルの中でなにかが燃え上がり……。
不思議な力でカーネルは自力で危機を脱します。

それを見た男は 「やはりそうか!」 と得意顔。
どうやら、最初からカーネルに不思議な力があることに気づいたようです。
そうして、カーネルも彼らの仲間に加わることに。

彼らは皆魔術師で、リーダーの男はベラナバスといい彼らの ”導師” ということなのだけど、性格はよろしくないようで あまり、お近づきになりたくないタイプです。
とはいえ、魔術師としては強力な力を持っていて悪魔との戦いでは頼りになる存在なことも確か。
ただ、ベラナバスには彼自身の目的があってその目的をかなえることが第一。
どうやら 「カーガッシュ」 と呼ばれるものを探しているようなのだけど……。

その手がかりとなるのがアートを攫った悪魔。
ベラナバスの目的とカーネルの目的が一致して、行動を共にすることになったものの、ベラナバスの非情さにはちょっと引いてしまいました

ベラナバスに同行しているのは予知能力を持つナディアという少女、魔術師のシャーミラ、ラズの3人。ナディアはベラナバスに無理やり協力させられていることから、何とか彼から逃げ出そうとしています。 

そんな彼らと行動を共にするうちにカーネルは魔術師にも ”光のかけら” が見えないことを知り驚くのだけど、デモナータの世界へ来たことで光のかけらを使って窓を作り、その使い方を覚えることができます。 そのうち、悪魔たちに襲われて激しい戦いに巻き込まれるのだけど、窓を作ってカーネルとナディアは元の世界へ脱出。
ベラナバスから離れることができたナディアは喜ぶのだけど、カーネルは弟を助けるためにデモナータへ戻ろうとします。 嫌がるナディアはカーネルから離れて別行動に。

途方にくれるカーネルだったのだけど、ふと見かけた光のかけらに導かれ辿り着いた場所に、魔術師と思われるべき二人の人物がいて……。 一人はパンクファッションに身を包んでいる痩せた男。 もう一人はミリタリーファッションの男。

実は、パンクファッションのほうの男は若かりし頃のダービッシュおじさん……ビックリですね

とにかく魔術師だと見当をつけたカーネルは二人に事情を話します。 そうして一人戻ろうとするカーネルにダービッシュともう一人の男シャークも一緒に行くと協力を申し出てくれます。 カーネルはダービッシュ、シャークとともに再びデモナータへ。
ベラナバスとシャーミラと合流したカーネルだったのだけど、ベラナバスにナディアも連れ戻せといわれて、嫌々ナディアのいる場所へと窓をつなげます。

すっかり、窓を使いこなせるようになったカーネルは、心強い戦力に。
ベラナバス、ナディア、シャーミラ、ダービッシュ、シャーク、カーネルは再び アートをさらった悪魔カダバーを追いはじめるのだけど……。

カダバーは魔将 「ロード・ロス」 のもとへと逃げ込んでいました。
…… また、出ましたね〜、ロード・ロス
今回も(昔も?)、思いっきり主人公の邪魔してます。
そしてやっぱり、ゲーム好き(笑)

カーネルはアートを取り戻すためにロード・ロスとゲームをすることになります。
果たしてカーネルはロード・ロスに勝つことができるのか?
そしてベラナバスの求めているカーガッシュとは何なのか?

最後のほうで明かされた真実に、そうだったのか! 驚きながらも納得。
この後、カーネルが他の二人の主人公にどんなふうに関わっていくのか、想像が膨らんでワクワクしました。 
今はまだ序章という感じですがあちこちに散りばめられていく謎の数々にドキドキしっぱなしです

次は 『デモナータ 3幕−スローター−』  です。
主人公はグラブスに戻ります


| ファンタジー | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0)|- pookmark
スポンサーサイト
| - | 23:35 | - | -|- pookmark



http://riranodokusyo.jugem.jp/trackback/670


↑このページの先頭へ
RECOMMEND
氷の戦士と美しき狼 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 冷たい瞳が燃えるとき (扶桑社ロマンス)(文庫) (扶桑社ロマンス シ 27-2 〈サイ=チェンジング〉シリーズ)(ナリーニ・シン) / 黒き狩人と夜空の瞳 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 青の瞳をもつ天使 (イソラ文庫)(ナリーニ シン,Nalini Singh) / びんぼう神様さま(高草 洋子) / シルバータン―ストーンハート〈3〉 (THE STONE HEART TRILOGY 3)(チャーリー フレッチャー) / アイアンハンド―ストーンハート〈2〉 (THE STONE HEART TRILOGY 2)(チャーリー フレッチャー) / ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)(チャーリー・フレッチャー) / トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈12〉 不滅の子(ステファニー メイヤー) / トワイライト11 夜明けの守護神 (トワイライト 11)(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈10〉 ヴァンパイアの花嫁(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈9〉 黄昏は魔物の時間(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしに(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈7〉 赤い刻印(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈6〉 嘆きの堕天使(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈5〉 狼の月(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈4〉 牙は甘くささやく(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈2〉 血は哀しみの味(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈1〉 愛した人はヴァンパイア(ステファニー メイヤー) / () / スリーピング・ドール(ジェフリー ディーヴァー) / キャサリン・ダンスシリーズ ウォッチメイカー(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第七弾♪ 12番目のカード(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第六弾♪ 魔術師 (イリュージョニスト)(ジェフリー・ディーヴァー, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第五弾♪ 石の猿(ジェフリー・ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第四弾♪ エンプティー・チェア(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第三弾♪ コフィン・ダンサー(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第二弾♪ ボーン・コレクター(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第一弾♪ みぃつけた(畠中 恵) / いっちばん(畠中 恵) / ちんぷんかん(畠中 恵) / うそうそ(畠中 恵) / おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)(畠中 恵) / ねこのばば(畠中 恵) / ぬしさまへ(畠中 恵) / しゃばけ (新潮文庫)(畠中 恵) / 風神秘抄(荻原 規子) / 薄紅天女(荻原 規子) / 白鳥異伝(荻原 規子) / 空色勾玉(荻原 規子) / () / シャドウ・ファイル/狩る (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル/潜む (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル 覗く (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / ファントム〈上〉(スーザン ケイ, Susan kay, 北条 元子) / ファントム〈下〉 (扶桑社ミステリー)(スーザン ケイ) / 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き](浅岡 省一) /