スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -|- pookmark
青の瞳をもつ天使/ナリーニ・シン
ナリーニ シン,Nalini Singh
早川書房
¥ 987
(2010-03-05)
Amazonランキング: 203424位

JUGEMテーマ:読書

★★★★★(5/5)

あらすじ

エレナは腕利きヴァンパイア・ハンター。
逃げだしたヴァンパイアをつかまえて、主人である天使のもとへ連れ戻すのが仕事だ。
その彼女に、世界を支配する大天使の一人、美しく冷酷な戦士として知られるラファエルから、これまでになく危険な仕事の依頼がくる。
追う相手は殺人鬼と化した大天使の一人だという。
エレナには仕事を断わることも、失敗も許されない。
大天使ラファエルと共に死と隣り合わせの数日を過ごすうち、エレナは彼の禁じられた魅力にとらわれていく…。(紹介文より)

〜感想〜

もう、すべてがツボ!(笑)
作者のナリーニ・シンさんの作品を知ったのは ハーレクインデイザイア ”シークにさらわれて” が最初だったのだけど、この作品の時は普通に面白かっただけで特に 好き とまでは思いませんでした。

ところが、その後扶桑社ロマンスから出版された 『黒き狩人と夜空の瞳』 <サイ=チェンジリングシリーズ> を読んで、印象は一変。
……お・も・し・ろ・いーっ  すっかりファンになってしまって、早く続きが読みたいと待ち遠しくなりました。
そうして、第二弾 『冷たい瞳が燃えるとき』 が出て速攻手に入れたんですが、ほとんど同時期に本作も発売されていたのを発見。
ろくにあらすじも読まず、同じく即座に購入してしまいました(笑)
嬉しいことに期待は裏切られず、想像以上に面白くて……こちらも早く続きが読みたくてたまりませんでした。

で、どこがそんなに面白いのかというと……。
まずは、一風変わった舞台設定。

天使、ヴァンパイアが当たり前の存在として描かれていて、世界を統べているのが ”十人衆” と呼ばれる10人の ”大天使” たち。
この大天使たちはそれぞれの領土を受け持ち、領土に住んでいるヴァンパイア、人間たちを支配しています。
そんな大天使たちの性格は様々。
残酷だったり、芸術の才能を持っていたり、慈悲深かったり、それぞれ違う個性を持っているんですが、共通しているのは ”強大な力を持つ存在” だということ。

その次に力を持っているのが 天使 → ヴァンパイア の順なんですが、ヴァンパイアは天使が人間を作り変えることで生まれます。
そうして、ヴァンパイアになった元人間は 100年間の間自分を作り出した天使に仕えることになるのだけど、それが嫌で逃げ出すこともしょっちゅう(笑)

そんなヴァンパイアを捕まえるのが ”ヴァンパイア・ハンター”
本作のヒロインのエレナです
基本的には人間は種として一番下の地位にいるのだけど、ヴァンパイア・ハンターを統轄する”ギルド” を組織して、ヴァンパイアにはそれなりに対抗できるようになっています。

でも、どうやっても敵わないのは ”大天使”
大天使にとって人間は蟻のようなもので……よくても ”おもちゃ” 扱いがせいぜい
逆らえば、 ”死” が待っている、というかそれ以前に逆らうことすら考えられないといったほうがいいかもしれません。

ところが、本作のヒロインのエレナはそんな大天使の一人 ”ラファエル” に逆らいます

始まりは、ラファエルからの依頼。
ヴァンパイア・ハンターの中でも一番の腕利きのエレナに、正気を失った大天使 ”ウラム” を追跡してほしいという依頼だったのだけど、最初はそういったこともエレナには伝えず、ただ 「捕まえろ」 というだけ。

これじゃあ、仕事にとっかかろうにもらちがあきません。
エレナが不満を抱くのも当然なのだけど、ラファエルはお構いなし。
彼の冷酷非情さを怖れながらも、果敢に立ち向かって行くエレナの姿に思わず拍手したくなりました(笑)

ラファエルもそんなエレナを面白いと思ったらしく、いつもと違う態度をとるようになります。 ”自分のおもちゃ” だと独占欲を抱くようになり……(って、おもちゃって呼ばれるのは嫌な感じですが)、少しずつエレナにたいしては冷酷さを発揮できなくなっていきます。
でも、そんなラファエルの変化は彼自身にとって命取りになりかねない事態を招くことに。 
”不死” の存在のはずが、傷を負ってもすぐに治癒しなくなってしまい……
”不死性” を失う前にエレナを殺すべきか? それとも生かしておくべきか?
ラファエルは悩むようになるのだけど、正気を失った大天使を捕えるためにはエレナの存在が不可欠なことから、とりあえずはそのままの状態を続ける事に。

一方、エレナも冷酷なラファエルを恐れながらも、ふと見せる ”人間らしさ” に惹かれていくようになります。 自分の錯覚にすぎない、と言い聞かせながらもとうとうラファエルに対する思いを抑えきれなくなってしまい……二人は恋人同士に。

ここまでの、二人の衝突する様子とか駆け引きの様子が面白かったです
圧倒的な力の差があることを知りながら、一歩も引かないエレナが素敵でした♪ ラファエルが好きになるのも納得

とはいえ、これでめでたしめでたし、というわけにはいきません。
ウラムを捕えて滅ぼさなければ人間にとっては地獄が待っています。 ラファエルとエレナはウラムを追いつめて行くのだけど、追跡中にエレナが逆に捕らわれてしまい……。

エレナを助け出そうと必死になるラファエルの姿にドキドキしっぱなしでした
冷酷非情なラファエルがエレナと出会った事で ”ちょっぴり” 人間らしくなっていく様子にロマンス心(笑)をくすぐられるというか……

瀕死の重傷のエレナがラファエルに 「ほんの少しだけ人間でいてね」
って言った時には胸にぐぐぐっときました(笑)
同じく瀕死の重傷のラファエルが 「もしこれが死なら、ギルド・ハンター、むこうで会おう」 
って台詞にはさらにぐぐぐぅ〜っときました。
そうしてウラムとの死闘の末に、二人が最終的に迎えた結末には……思わずニヤリ 
そうそう、やっぱりこうでなくっちゃ! と嬉しくなりました♪

多分、次は違う人物が主人公になるのだとは思うけれど、エレナの過去に起きた出来事の謎が完全には明かされてなかったり、ラファエルたちに訪れた変化がどう進展していくのか、とか気になることは結構あるのでこれからもラファエルとエレナは中心人物として顔を出していくような気がします
というか、そうなることを期待してます(笑)

ラファエルに自らの意思で仕え、彼を守るためならなんでもする、という 3人のヴァンパイアと4人の天使で構成されている ”ザ・セブン” の存在も気になるところです。
今回はセクシーな(笑)最年長のヴァンパイアのドミトリ、最年少のヴェノム、天使のジェイソン、イリウムと何人か登場してましたが、残りの3人が顔を出してくれるのも待ち遠しいです
早く次が読みたーい


| パラノーマル | 09:36 | comments(4) | trackbacks(0)|- pookmark
スポンサーサイト
| - | 09:36 | - | -|- pookmark
qちゃん♪

あはは、しっかり読んでるよ〜(^^)
って、qちゃんもやっぱり読んでたのね♪
サイ=チェンジリングも好きなんだけど、こっちの
ギルド・ハンターシリーズはとにかくツボに
はまりまくりよね〜^m^

続きを読みたいけど、残念ながら版元さんは続きを
出版する予定はないんだって(T_T)
原書は5巻目くらいまで出てるのに。。。
ワルの魅力を振りまいてたヴァンパイアのドミトリが
主人公になったり、っていうのもありそうな気がする〜。

頑張って原書買って翻訳ソフトで少しずつ内容ひろって
るけど……まだ2巻目の途中(-_-;)
ああ、英語もっと勉強しておけばよかった〜(>_<)
| リラ | 2011/11/15 6:55 PM |
|* ̄∇ ̄|ニヤッ |* ̄∇ ̄|ニヤッ
やっぱり読んでたし〜〜〜
サイチェンジリングよか好きなの
ヴァンパイア・ハンターと来たら
ツボ狙われてるもの・・・
エレナの過去が、読みたいー
え?!!
勿論  悪キャラ大好き
悪役大好きの私
仕えてるヴァンパイアが魅力的だわ〜
| q あー!!!!! | 2011/11/14 4:12 PM |
ヴァネッサさん♪

わあ〜っ、気に入ってもらえて嬉しいです♪ 私も凄く好きなんです♪ 大天使が天使を生み出せるのは 真に愛した時 なんて、ロマンチックですよね〜(^^) エレナが羨ましい(笑)

本当にすぐ続きを読みたいんですけど、でも残念ながら出版元のハヤカワさんでは、続編を出す予定はないそうなんです(T_T)  今時の出版事情らしいんですが、それにしても残念ですよね〜。 出版元のHPでイソラ文庫さんのブログサイトがあるので、こちらを見てみると詳しいことがわかりますよ〜。 
エレナが天使に転生してから、ラファエルとの空のダンスシーンとか読んでみたかったんですけど。。。(^^;)

それで、この”アークエンジェルシリーズ”は、本国の原作ではすでに5作目まで出てます。
わたしは、どうしても続きを読みたくて、とりあえず2〜4まで原作を購入して翻訳ソフトの助けを借りながら大筋だけなんとか読み進んでるんですけど、やっぱりとっても時間がかかってしまって……。  イリウムが主人公の話もあるんじゃないかな、と思ってますが、そのことを知るほどの読解力がないのが我ながらなさけないです。。。

でも、2作目で大体つかめたのはイリウムが結構登場していて、大天使のミカエラやドミトリなんかも引き続き登場してます。
エレナが昏睡していた1年間の間の話なんかも書かれていて、ラファエルの両親の話にも触れているようなんです。 本作の最後で大天使のリージャンの謎めいた行動がかかれてましたけど、彼女の悪企み(?)についても書かれているみたいです。 

生憎と私のとぼしい読解力と不完全な翻訳でつかめているのはそんなおぼろげな内容だけなんですけど(T_T)
……ああ〜、こんなに面白いのになんで続編でないんでしょうね〜? ”サイ・チェンジリングシリーズ” を出してくれている出版元さんが、このシリーズも出してくれればよかったのに。。。

でもなにはともあれ、ヴァネッサさんも気に入ってくれてよかったです♪ 読書って、いいですよね〜(^^)

| リラ | 2011/10/30 2:49 PM |
リラさん、こんばんは♪

もうこれはすごく面白かったです。
サイチェンジリングより、もっと面白い!!
でも、もう天使になってしまったことが展開早過ぎで
もったいないような気も少しします。

あと、今回に限ってラブシーンが少なかったのが残念。。。
というのも、大天使のラブシーンてどんだけ凄いんだろうと期待していました笑。
ナリーニ本に慣れてきてしまってるかも笑。

天使に転生できたのはラファエル一人だから、他の大天使達も絶対やりたがりますよね。
でも、真実の愛は難しいし。

トワイライトより現実味ないけど、すごく面白くてこの世界観に引きずり込まれましたよ!
大天使達の過去や恋人も気になるし、セブンの面々はみんなイケメンぽいし。
イリウムがお気に入りです。
青い翼いいなあ。

早く次が読みたいです!
最近読書で寝不足気味〜♪
| ヴァネッサ | 2011/10/28 5:32 PM |



http://riranodokusyo.jugem.jp/trackback/742


↑このページの先頭へ
RECOMMEND
氷の戦士と美しき狼 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 冷たい瞳が燃えるとき (扶桑社ロマンス)(文庫) (扶桑社ロマンス シ 27-2 〈サイ=チェンジング〉シリーズ)(ナリーニ・シン) / 黒き狩人と夜空の瞳 (扶桑社ロマンス)(ナリーニ・シン) / 青の瞳をもつ天使 (イソラ文庫)(ナリーニ シン,Nalini Singh) / びんぼう神様さま(高草 洋子) / シルバータン―ストーンハート〈3〉 (THE STONE HEART TRILOGY 3)(チャーリー フレッチャー) / アイアンハンド―ストーンハート〈2〉 (THE STONE HEART TRILOGY 2)(チャーリー フレッチャー) / ストーンハート (THE STONE HEART TRILOGY 1)(チャーリー・フレッチャー) / トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈12〉 不滅の子(ステファニー メイヤー) / トワイライト11 夜明けの守護神 (トワイライト 11)(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈10〉 ヴァンパイアの花嫁(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈9〉 黄昏は魔物の時間(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしに(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈7〉 赤い刻印(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈6〉 嘆きの堕天使(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈5〉 狼の月(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈4〉 牙は甘くささやく(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈2〉 血は哀しみの味(ステファニー メイヤー) / トワイライト〈1〉 愛した人はヴァンパイア(ステファニー メイヤー) / () / スリーピング・ドール(ジェフリー ディーヴァー) / キャサリン・ダンスシリーズ ウォッチメイカー(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第七弾♪ 12番目のカード(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第六弾♪ 魔術師 (イリュージョニスト)(ジェフリー・ディーヴァー, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第五弾♪ 石の猿(ジェフリー・ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第四弾♪ エンプティー・チェア(ジェフリー ディーヴァー) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第三弾♪ コフィン・ダンサー(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第二弾♪ ボーン・コレクター(ジェフリー ディーヴァー, Jeffery Deaver, 池田 真紀子) / リンカーン・ライムシリーズ<br />
第一弾♪ みぃつけた(畠中 恵) / いっちばん(畠中 恵) / ちんぷんかん(畠中 恵) / うそうそ(畠中 恵) / おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)(畠中 恵) / ねこのばば(畠中 恵) / ぬしさまへ(畠中 恵) / しゃばけ (新潮文庫)(畠中 恵) / 風神秘抄(荻原 規子) / 薄紅天女(荻原 規子) / 白鳥異伝(荻原 規子) / 空色勾玉(荻原 規子) / () / シャドウ・ファイル/狩る (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル/潜む (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / シャドウ・ファイル 覗く (ハヤカワ文庫NV)(ケイ フーパー) / ファントム〈上〉(スーザン ケイ, Susan kay, 北条 元子) / ファントム〈下〉 (扶桑社ミステリー)(スーザン ケイ) / 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き](浅岡 省一) /